鈴木伸之&佐野勇斗、初共演は「友だちのような、同志のような」コスパ重視のイマドキ刑事役に挑む

dwango.jp news


鈴木伸之と佐野勇斗がW主演を果たす新ドラマ『俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち』。本ドラマはコスパ重視なイマドキの刑事2人のさぼりライフを描くポリスコメディー作品。決して危ない橋を渡ろうとしない刑事を演じる鈴木と佐野に直撃インタビュー!まさに新時代のドラマといえそうな作品に2人が思うこととは!?



――まずは台本を読んだときの感想から教えてください

鈴木「すごく面白いなって思ったのが第一印象です。撮影に入る前からすごく楽しみになったことを今でも覚えていて。撮影では、台本にある文字以上に面白いことをみんなで体現できたと思っています」

佐野「僕も台本を読んで、ここまで笑ってしまう経験も初めてで。台本が面白いぶん、自分がどうやって面白く演じられるかっていうプレッシャーはありました。撮影はすでに終わっているんですけど、すごく面白い作品になっていると思います」

――刑事役は初めてなんですよね?

鈴木「はい。すごく楽しみにしていたんですよ。警察手帳を見せて逮捕するってシーンとか、アツいシーンを想像していたので。そしたらそういうシーンは一切なく、僕の演じる高野は会議でサボるためにマジメなことを言ったり、世中とさぼってキャンプに行って遊んだり(笑)。普通の刑事ドラマにはないシチュエーションばかりでしたね」

佐野「僕も刑事ドラマといえば、現場検証をしたり、黄色いテープをくぐって手袋をハメてみたり…みたいなことをすると思ってたんですよね。そしたらバーベキューしたり、フェスに行って盛り上がったりと。それはそれで面白い映像が撮れていると思うので、楽しみにしていただきたいですね」

――お2人が演じた高野心と世中渡は、どのようなキャラクターですか?

鈴木「高野心は直観力に優れた男。事件の香りをかいで、自分に不都合なことが起きそうなことになると後ろ向きになる。そしてキャッチーなセリフもあるんですよ。“危ない香りがする”っていう。その匂いの種類によって言い方や仕草を変えているので、そこも楽しみにしてほしいポイントです。あと飲み物を取ったり、人に渡したり、立ち上がるときに“シュッ”って言葉を発する不思議なキャラクターでもあります」

佐野「世中渡は名前の通り、世の中の渡り方が上手な男。刑事になったものの、いち早く危ない刑事の仕事から転職したいと考えていて。でも、実は推理力が高く頭の回転も早いので刑事には向いているんですよね。そんな刑事の仕事にうんざりしている男です」

――共演して、お互いが魅力的に感じたことはありますか?

鈴木「今回、佐野くんとは初めての共演だったんですが、ホントに世中渡にぴったりだなって思いました。気遣い屋さんのところも世中とリンクしていますし。周りの空気の読み方とか、出演者同士の距離感とか、いろいろなモノの物差しがすごく優れた人だなぁという印象があります。一緒に演じてすごく楽しかったですし、友だちのような、同志のような、いいバディが演じられたなって」

佐野「僕は伸くんって呼ばせてもらっているんですけど、伸くんは年上にもかかわらず、フラットに接してくれて。忙しいスケジュールの中でも笑顔を絶やさず、周りを盛り上げて、スタッフさんの気遣いも忘れない。こんなに人柄が良いからこそ、みんなに愛されているんだって感じましたし、勉強にもなりました」

――佐野さんは鈴木さんにとって、どういう後輩でしたか?

鈴木「以前から佐野くんの作品は見ていたので、ご一緒させてもらうと聞いたときはすごくうれしかったんです。現場でも気さくに声をかけてくれますし、すごく心を開いてくれて。バディの世中役が佐野くんでよかったなって思います」

佐野「そう言ってもらえると、すごくうれしいです!年齢が離れているから話とかも合わないのかって不安もクランクイン前はあったんですよ。でも、伸くんはその不安を吹き飛ばすぐらい優しくしてくれて。ほかの先輩だったら僕、たぶん、現場へ行ってなかったんじゃないかな(笑)」

――ドラマにはいろいろなキャラクターが出てきますが、2人は熱血派と効率重視派だったら、どちらのタイプですか?

鈴木「僕は昭和の刑事というより、令和の刑事っぽいから効率重視派。例えば休みのプランも、とにかくコスパを常に考えてしまって。時間に隙間があったら、これが出来るんじゃないか、あれが出来るんじゃないかって考えたりしています。そういうのが好きなんでしょうね。ある意味、高野とリンクしていると思います」

佐野「僕も効率重視派かな(笑)。熱血っぽく思われがちなんですけど、意外とコスパ重視で。例を挙げると、大学受験のとき受験勉強でがむしゃらに単語を覚えるのではなく、まずは勉強法を確立させてました。はじめの一か月は勉強法を勉強する期間に当てるぐらい効率重視なところがありますね」




――では鈴木さんから見た佐野さんは何系男子だと思いますか?

鈴木「気づかい系男子」

佐野「あはははは」

鈴木「なんていうのかな。周りの人をすごくよく見ているので、撮影でちょっと時間が押したりしてみんながピリピリしていると、佐野くんが場を盛り上げてくれたり。スタッフさんにもキャストの方も大事にしてくれるので、みんなが自然と笑顔になります」

――佐野さんからご覧になった鈴木さんは何系男子ですか?

佐野「太陽系男子。伸くんは僕のことを気づかい系男子って言ってくれたんですけど、伸くんは意図せず周りの人を笑顔にしているというか。これは天性のものなんじゃないかな。太陽のような伸くんが中心にいると、周りの人も温かくなる感じですね」

――自分を突き動かすのは○○欲。この○○に言葉を入れるとしたら?

鈴木「物欲」

佐野「あはははは。素直にいったなぁ」

鈴木「これ欲しいってあるじゃないですか。こうなりたいとか。そういうモノがあるときほど頑張れるって思うときはありますね」

――それはお金で買えるモノ?

鈴木「お金で買えるモノもあるし、買えないモノもあります。もっと自分がこうなりたい!というモノも大事にしています」

――頑張った後は自分にご褒美を与えるタイプ?

鈴木「僕はそうですね。作品が終わったら、ゆっくりサウナに入ってマッサージをしてもらって“よし終わった!”みたいな。そういうのを自分にご褒美するのは好きです」

――佐野さんは?

佐野「僕はですね、みんなを笑顔にしたい欲!」

鈴木「いいね!」

佐野「冗談もあり、結構本気なところもあるんです。僕は地元から上京して活動しているので、両親やおじいちゃんおばあちゃん、高校の同級生もすごい応援してくれていて。それと、僕が俳優業や音楽活動で活躍するとファンの方が『うれしい』って言ってくれるので。そういう人たちの喜んでいる姿を見るともっと頑張らなきゃっていうのはありますね」

――今までの応援の言葉で心に残っているものは?

佐野「おばあちゃんから“お前の活動がおばあちゃんの生きがいだよ”って言われたときは、くるものがありました」

――すでに撮影はすべて終えているということですが、お互いに何かひと言ありますか?

鈴木「もう感謝しかありません。佐野くんは最高の相方でした。もしパート2があれば、ぜひまた佐野くんと一緒にやりたいです。これでふた言(笑)」

佐野「フェスに行く途中、バスのシーンがあったんです。そこで伸くんを乗り越えてセリフを言って欲しいっていうシーンがありまして。伸くんを乗り越えるのに苦労したので“大変でした”と伝えたかったです!」

鈴木「僕、あんなに誉めたのに!背中越しから顔だけ出してしゃべるシーン、ちょっと根に持っていたんだね(笑)」

佐野「あれは狭かった!」

鈴木「申し訳ありません(笑)」

佐野「あはははは!」

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ