ムロツヨシ、大学中退を後悔「役者やっても大学での経験は活きる」

※画像は、『おしゃれイズム』公式Instagram(@oshare_ism_ntv)より

 

9月13日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、ムロツヨシが「1年間頑張って合格した大学を3週間で中退した」と明かし、「大学出ときゃ良かったと思う。役者やってたとしても大学で経験したことは活きると思う」と後悔した。

 

中退を考える学生にアドバイスも「すぐにやめないで」

ムロは「高校生活がすごい楽しくて一切勉強しなかったんですね。もちろん大学1つも受からなくて、浪人しようって(決めて)『4月1日から毎日勉強したらどれぐらいまで行けるんだろう』って勉強して、偏差値というものが20上がったんですよ」と話し、「その浪人時に通ってた予備校のパンフレットに載ったんですよ」と明かす。

 

ここでムロが掲載されているパンフレットを画像で紹介。

上田晋也が「書いてあるわOBOGメッセージが。『予習復習を1年間続ける。一番大変で面倒くさいことですがこれが最も合格に近づく方法だと思います。そして自分を信じることも忘れないでください』」と読み上げるとムロは「偉そうですね~。全く勉強しなかった奴なんですよ。たった1年やっただけで」と過去の自分にツッコミを入れ、「でも浪人生からしたら1年頑張ればこうやってちゃんと受かるんだって言う励みになるでしょうし」という上田に「なったら嬉しいですね」と笑顔。

 

しかしムロは入学後たった3週間で中退したという。上田が「何で?」と聞くとムロは「僕のやりたいことはなんだろう病っていうのにかかりまして、大学に急に行かなくなり。その1~2週間後に舞台を観て『僕の居場所はあそこだ』って言ってやめちゃったんですよ」と答え、「今考えれば大学通いながらでもできるんですよ演劇って」と話す。「大学の演劇部っていくらでもある」という上田に「その考えが一切なかったんですよね」とムロ。

 

ムロは「ただ4~5年後思うんですよね、大学出ときゃ良かったって。結局武器になりますもんね、その後役者やってたとしても。大学で経験したことってやっぱり活きると思うんですよ」と話し、「だからやめないでください皆さん。そんなすぐに」と呼びかけた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ