韓流ドラマ、なぜNetflixでも大人気?




韓流ドラマブームが再来しています。今回は動画配信サービスで火がついた模様。特にNetflixの「愛の不時着」と「梨泰院クラス」が人気です。令和の韓流ドラマ人気ポイントはどこにあるのか考えてみました。

韓流映画もすごい


筆者の私自身は最近韓流映画が気に入っています。特に印象深いのはアジア初アカデミー作品賞となった『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督作品の『母なる証明』。殺人犯として疑われた息子を必死でかばう母親の物語でとても重い作品です。さらに日本でもリメイクされた『殺人の告白』。これは時効が切れた後にイケメンの犯人がマスコミを集め、私が殺人者ですと記者会見し、大騒動になるという話。

韓流作品は日本の作品を1.3倍速した感じのテンポの速さが特徴です。次から次へとスリングなシーンが展開し、こちらはハラハラしっぱなしでまさに息つく間もありません。刺激性も強く、胸がスッとするシーンもあるので、元気になりたい時などは特に韓国映画を観たい!という気持ちにさせられます。シナリオもどんでん返しが多く、よく練られています。

韓流の愛情表現とウィズコロナがマッチ




Netflixでは「愛の不時着」と「梨泰院クラス」がコロナ以降の何ヶ月かずっと、常にランキング上位にいます。「梨泰院クラス」は起業をテーマにした成長物語で、何かをしてみたいと考える人に人気があるのでしょう。そして韓国財閥令嬢が北朝鮮に不時着し、将校と恋に落ちる「愛の不時着」はメロドラマ好きな女性たちに大人気なのです。



北朝鮮の男性という設定で、イケメン将校が非常に真面目でピュアな青年として描かれています。もちろんなかなか女性にも触れませんし、一緒にいるときも距離をとります。これがウィズコロナ期にはものすごい安心感となって映るのです。この人はヒロインを愛し、大事に思っているからこそ離れてくれているんだわ、とすら考えたくなってしまいます。

一気見でやみつきに!


『GINGER』2020年10月号ではアラサーの女性への韓流ドラマアンケートを実施しています。すると韓流ドラマを観たことがある人はちょうど50%。2人に1人は観たことがあるので結構浸透しているようです。そして「一番ハマった時の1日の視聴時間」で一番多かったのは、なんと5時間!韓流ドラマを観たことがある女性のうち39%もが5時間も見続けるほど夢中になってしまったようです。
GINGER(ジンジャー) 2020年10月号
Fujisan.co.jpより
韓流ドラマは運命に翻弄される展開も多く、ヒロインが次にどうなってしまうのか心配になり、ついつい続きを見続けてしまうのです。愛する男性と引き離されてしまいそうになっていたら、安心して眠れないのでしょう。秋の夜長に自宅で韓流ドラマを楽しむ女性はまだまだ増えそうです。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ