劇団ノーミーツ、 "好きと出会うエンタメファクトリー”設立 プロデュースワーク第一弾は『MISHIMA2020』オンライン配信の企画・監修

SPICE



2020年9月14日、コロナ禍のなか今年4月に旗揚げされたフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」をプロデュースするメンバーが、時代を捉えた新たな表現を開拓し続けるエンタメファクトリー株式会社Meetsを設立した。株式会社Meetsでは、あらゆるエンターテインメントコンテンツを主事業としながら、“好きと出会える人生を増やす”ことをテーマに掲げて活動していくという。
株式会社Meets
株式会社Meets

今後の展開として掲げているのは、「Create -いま、自分たちが「好き」だと思う表現を生み出し続ける-」「Organize -個々の「好き」が原動力となる、個が立つ組織を創る-」「Spread -「好き」が広がり、世の中に愛され続ける仕組みを構築する-」の3つ。

劇団ノーミーツとしての活動に加えて、舞台、映画、ドラマ、ラジオ、パフォーマンスなど様々な領域を横断し表現を創作すること、社内メンバー「Meets member」と社外メンバーの「Meets partner」が協業してひとつのプロジェクトに参画するギルド制によってクリエイターにとっての新たな働き方に挑戦すること、そして、あらゆる役者・劇団がオンライン上で演劇を届け続けられる場の創出などエンターテインメントを広げる仕組み作りの3軸だ。詳細は、企業サイト(https://meets.ltd/)にて確認してほしい。
三島由紀夫50周年企画『MISHIMA2020』
三島由紀夫50周年企画『MISHIMA2020』

また、株式会社Meetsでは、プロデュースワーク第一弾として、9月21日(月・祝)から日生劇場で上演される三島由紀夫50周年企画『MISHIMA2020』のオンライン配信を企画・監修することが決定している。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ