ぺこぱ松陰寺によせられた警告 「辞めた方が良い」と言われた原因は…

fumumu

2020/9/16 17:00


松陰寺太勇

16日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)お笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇さんが登場。

おなじみの一発芸に脳神経外科の医者から忠告が来たと告白しました。

■ヘドバンが致命傷に?


「人を傷つけないお笑い」のほか、腰と首をぐりんと動かし、ポーズを決める独特の姿が人気を博している松陰寺さん。「首痛そう」「大丈夫なの?」という意見が集まる中、近日脳神経外科のドクターを名乗る人物から連絡がきたのだそう。

下から上に向かって首を思いきり振るこの動作が、身体を痛めることから「今すぐ辞めたほうがいい」と告げられた彼は医者の言うことなら本当なのだろう…と焦ってしまったと言います。


関連記事:ぺこぱ松陰寺、妻が激怒で壁に穴 気を遣いすぎる生活に東野幸治も同情

■新たな手法を編み出す


以前から複数の番組で「目の前が霞んだ」という異変を報告している松陰寺さんは、この度忠告を受け入れ、同じ動作をしつつも首を痛めない方法を開発。

以前は首を主体に上げ下げしていたものを、「腰ごと動かす」ようにしたと明かしました。すると、今までは映像内でブレていた首が固定されたことによりはっきりと映し出されるようになったとのこと。

顔がはっきり見えることは芸能人にとって利点なので、身体の件も含めて直してよかったと振り返りました。

■首を使った動きへのアドバイスも


首のケガは下手したら半身不随にもつながる大ごと。

そんな身体を張った芸を続けていた松陰寺さんに対し、SNSからは「首大丈夫かなって思ってた」「見てるだけで痛い」など、心配の声が殺到します。「きっとヘドバンみたいな感じの首やってるんだろうな…」「同じヘドバンでもV系でよくある8の字の方が負担が少ないらしい」など、ヘッドバンギングが慣例となっているヴィジュアル系バンドファンからのアドバイスも届いていました。

現在は改善により負担が少なくなったとのことですが、ケガにだけは気を付けて頂きたいものです。

・合わせて読みたい→首に手を回して… セクシーに見えるベッドテクとは?

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ