富士通、認知症予防や健康促進を支援する「らくらくスマートフォン」


富士通コネクテッドテクノロジーズは9月15日、シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-42A」を発表した。NTTドコモから9月23日に発売。事前予約は9月17日10時から受け付ける。

スマホの画面が見やすくわかりやすい、シニア向けスマートフォン。相手の聞き取りにくい声を強調して聞き取りやすくする「はっきりボイス」や、相手の声がゆっくり聞こえる「ゆっくりボイス」、画面を3本指でたたくと表示画面を読み上げる「音声読み上げ機能」などを搭載する。

ホーム画面の表示は、電話やメール、インターネットなどのアイコンを固定配置した「標準ホーム画面」のほかに、よく使うアプリを好みに配置できる「スマホかんたんホーム」画面を利用できる。

文字のフリック入力では、文字ボタンを押すとフリック用の十字表示が固定されるため、入力したい文字を見ながら選べるようになっている。

また、「認知症予防支援アプリ」や「認知機能検査アプリ」を搭載。歩数は東海道五十三次のコースに沿って進捗が記録されるため、楽しみながら認知症の予防に取り組めるという。

さらに、カメラで読み取った血圧計の値をアプリに連携し、グラフ表示で状態変化を把握できる機能や、撮影した花の名前がわかる「花ノート」機能、撮影した写真を投稿して仲間と購入できる「らくらくコミュニティ」機能などを搭載する。

本体サイズはW143×D9.3×H70mm、重さは約143g。ディスプレイは約4.7インチ有機EL、解像度はHD(720×1,280ドット)。メモリは3GB、ストレージは32GB。

カメラはアウトカメラが約1,310万画素、インカメラが約500万画素。防水性能はIPX5 / IPX8、防塵性能はIP6Xを備える。OSはAndroid 10。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ