彼のことが忘れられない!辛い失恋から立ち直る方法とは

ハウコレ

2020/9/16 14:00



失恋のあとの悲しさや辛さは、いくつになっても慣れないもので、できるなら早く忘れたいと思いますよね。失恋のことばかり考えて、何も手につかないなんてこともあるでしょう。でも、どうやったら辛い失恋を忘れて、立ち直ることができるのでしょうか。

■失恋したことを受け入れる
失恋した直後は、失恋した事実を受け入れることができず、もしかしたらもう一度やり直せるかもしれないと思い、行動してしまうこともあるかもしれません。

しかし、もう一度やり直すにしても、新しい恋に進むとしても、一旦、失恋を受け入れ、恋愛が終わったことを自覚しなければいけません。気持ちや心をリセットしなければ、次へと進めないからです。

■思いっきり泣く
泣くことはストレス発散になりますし、なにより失恋した辛い気持ちをためておくことはいいことではありません。まずは思いっきり泣いて、自分の中にあるいろいろな感情を吐き出しましょう。思い切り泣けば、意外にスッキリします。

なかなか泣くことができないという人もいるでしょうから、映画や小説、失恋ソングを聴くなどして泣いてみるのもいいでしょう。

■誰かに聞いてもらう
失恋は、あなた自身を否定された気持ちになるものです。決してそんなことはないのですが、拒絶されたと思うため、自信喪失してしまうでしょう。そこで、友達などに話を聞いてもらいましょう。

自分の気持ちを吐き出すことはもちろん効果的ですが、あなた自身のことを褒めてもらったり、頑張ったねと肯定してもらったりするのです。失恋したことは、たまたま彼との相性が悪かっただけで、あなた自身がすべて否定されたわけではありません。

■思い出のものを捨てる
彼との写真やプレゼントなど、周りに思い出の品がいつまでもあればなかなか忘れることはできません。また、連絡先やSNSなどの繋がりも、つい連絡してしまったり、見にいってしまったり、彼の行動をチェックしてしまうこともあるかもしれません。

思い切って、彼と繋がるものは全て捨ててしまうか、手放してしまいましょう。周りに彼を連想させるものがなければ、彼を思い出して悲しくなることはありません。ついでに部屋を掃除するなど、スッキリ片付けてしまいましょう。

■自分の時間を充実させる
失恋のことばかり考えていたのでは、なかなか忘れることも、立ち直ることもできません。そんなときは、考えるヒマもないくらい、あれこれ予定を入れてみたり、忙しくしてみたりしましょう。仕事を頑張るのもいいですし、趣味や好きなことに没頭するのもいいですね。新しいことに挑戦するのもいいでしょう。運動して汗を流せば気持ちもスッキリしますし、ダイエットにも効果的。またイメージチェンジしたり、自分磨きしたりするのもいいでしょう。

失恋や彼のことを思い出さないくらい、またこれまで彼のために使っていた時間を自分のために使い、自分だけの時間を充実させてみましょう。

■失恋から立ち直るならまずは心をリセットしてから
失恋すると、心にぽっかりと穴が開いたような気持ちになり、何も手につかないなど、これまでの日常が一変してしまいます。しかし、失恋から立ち直ろうとあれこれやってみても、気持ちが整理できていなければ立ち直ることはできません。

無理に忘れようとする前に、心をリセットしましょう。失恋したこと、恋が終わったことを受け入れるのです。そこからスタートすれば、きっとつらい失恋から立ち直ることができるでしょう。

(ハウコレへ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ