エフネス、4億円を調達 日本政策金融公庫から資本性劣後ローンで

Traicy

2020/9/16 12:34

エフネスエフネスは、日本政策金融公庫から資本性劣後ローンで4億円を調達した。

借入期間は10年間で、無担保無保証。借入利率は融資後3年間は0.5%、以降は1年ごとに直近決算の業績に応じた利率が適用となる。

エフネスは、航空券の仕入れや発券を代行するギャランツアー、地上手配などを手掛けるリキシャ、業界ニュースを配信するトラベルビジョンなどの事業を展開している。

8月には事業構造を変革し、希望退職や整理解雇、取締役減員のほか、不採算うもんの撤退、オフィスの縮小により総コストを従来想定の半分に圧縮することを明らかにしていた。8月7日現在で、現預金と未使用の銀行借入れ枠で20億円超の手元資金を確保しているという。ナスダックスタンダードへの上場は延期した。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ