@ onefive、配信シングル『雫』がデビュー1周年記念日の 10月20日にリリース  メンバーコメントと新アー写も公開

GirlsNews


4人組ガールズグループ・@ onefiveが、楽曲デビュー1周年となる10月20日に新曲『雫』を配信リリースすることが決定。最新アーティスト写真が公開された。さらにメンバーからの同曲についてのコメント動画も公開。

『雫』は、シングル『まだ見ぬ世界』のオンラインリリースイベントでサプライズ披露された楽曲で、コロナ禍の影響もあり、そのときはレコーディングが出来ていなかった『雫』を、インストを使ったダンスバージョンにして先行パフォーマンスしていた。ファンの間ではリリースが待ち望まれていた楽曲だ。

今回も、これまでの楽曲同様、歌詞をメンバーと同い年である15歳のYURAが担当。雨をテーマに書き上げた。晴れの日には感じられないような雨の日独特の雰囲気、匂い、静けさ、不安、すべてを流してくれるような雨の神秘性、小さい頃には感じられなかった、今15歳の目に映る情景が瑞々しい言葉でつむがれている。

作曲は新進気鋭のサウンドクリエーター・辻村有記が引き続き担当。”雨の中を踊る@ onefiveのメンバーを想像して作り上げた”と辻村氏が語るように、歌入りのダンスパフォーマンスにも期待が高まる。

また、アーティスト写真公開とともに、各メンバーのソロ写真も公開された。『雫』のシックでクールなイメージをネイビーカラーで表現。それぞれ同一のワンピースから、メンバーのキャラクターに合わせてスタイリストがリメイクし、統一性のある衣装となっている。高校1年生とは思えない大人っぽい表情にも注目だ。

なお10月20日のリリース日には、オンラインでのトーク配信も予定している。

■メンバーコメント映像



当記事はGirlsNewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ