『薔薇王の葬列 』TVアニメ化決定 シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に、菅野文氏が描く運命のダーク・ファンタジー

SPICE

2020/9/16 11:08


シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に、 菅野文氏が描く運命のダーク・ファンタジー『薔薇王の葬列』のTVアニメ化が決定した。『薔薇王の葬列』のコミックス最新14巻は本日2020年9月16日(水)発売。

TVアニメ化決定記念コミックス告知PV

TVアニメ化発表、コミックス14巻の発売に伴い、初の菅野文先生オンライントークイベントの開催が決定。SHIBUYA TSUTAYAオンラインストアにて対象商品を購入した人が参加可能だ。更に、新作グッズの発売や、10月6日(火)発売の掲載誌「月刊プリンセス」11月特大号では表紙・巻頭カラーを飾ることも明らかに。「月刊プリンセス」11月特大号には、プレミアム付録として合計8枚もの『薔薇王の葬列』ミニ複製原画が付く。

TVアニメに関する続報は、今後も連載誌の「月刊プリンセス」や『薔薇王の葬列』公式Twitterで発表されるそうなので、楽しみに待とう。

『薔薇王の葬列』新作グッズが登場


また、秋田書店オンラインストアにて、『薔薇王の葬列』新作グッズが登場。


・スマホケース:9月17日(木)発売、 コミックス14巻表紙イラストを使用


・パスケース:9月17日(木)発売、 全6種


・マスクカバー:9月17日(木)発売、 全3種

・直筆サイン入り複製原画:10月1日(木)20時~10月21日(水)24時までの限定販売、先着50名限定で著者・菅野文先生の直筆サイン入り
※売り切れ次第終了となります。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ