松本まりか、“悪女”役を演じる心境を語る「反感はとても買ってるとは思うんですけど…」

E-TALENTBANK


9月15日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、松本まりかがVTR出演した。

【別の記事】松本まりか、堂本光一との過去の共演を振り返り「まだ王子様でした」

近年、いわゆる“悪女”と呼ばれる役でさまざまな作品に出演し、その演技を評して“怪演女優”と言われている松本。

VTRのインタビューの中で、松本は、自身が“怪演女優”と言われることに対して「怪演してるつもりはないんですけど、そういうふうに言っていただけるのはすごく嬉しいですし、面白いなって思います」とコメントした。

また、インタビュアーが「悪い女性の役とかされると、同性の反感を買ったりとか?」と質問すると、松本は「反感はとても買ってるとは思うんですけど」と切り出した。

続けて「でも『1周回って好き』とかって、『すっごく嫌いだったのになんか好きになってきた』とかって言われるのすごく嬉しいですね。女の子から」と、笑顔で語った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ