のんが崖っぷちの恋に挑む『私をくいとめて』特報解禁 追加キャストに臼田あさ美、片桐はいりら

クランクイン!

 女優ののんが主演を務め、俳優の林遣都と初共演する大九明子監督の最新作『私をくいとめて』の公開日が12月18日に決定。併せて、のん演じる主人公・みつ子が“崖っぷちのロマンス”に挑む姿を映し出す特報が解禁された。

芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写化する本作は、脳内に相談役が《爆誕》した31歳おひとりさまと年下男子の、あと1歩近づけないむずがゆい恋模様を描く崖っぷちロマンス。大九組には初参加となるのんが、脳内に相談役「A」をもつ31歳おひとりさま・黒田みつ子を演じ、林はみつ子が恋をする取引先営業マンの年下男子・多田くん役を務める。

特報で映し出されるのは、脳内に相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)の“崖っぷちのロマンス”。悠々自適におひとりさまライフを満喫していたみつ子だったが、年下営業マン・多田くん(林)との出会いをきっかけに様子が一変。予期せぬ恋を前に、20代のように勇敢に恋に立ち向かえず、 “キャパオーバー”寸前のみつ子。時には心乱され、慌てふためきながらも、脳内で冷静なアドバイスをくれる「A」とともに、訪れた恋に向き合うことを決める。

おひとりさまを満喫しながらも時折登場する自虐や、あと一歩彼に近づけない恋に奥手なみつ子の姿、林演じる田くんとのもどかしい恋模様はもちろん、いかなる時もやさしく穏やかに助言をくれる「A」とみつ子の、息ぴったりでコミカルなやりとりも見どころだ。

また、“大九ワールド”全開の個性豊かな追加キャストも発表された。みつ子が全幅の信頼をおくおひとりさまの先輩・ノゾミさん役には、臼田あさ美。みつ子のバリキャリ女上司・澤田役には、片桐はいり。みつ子の同僚で、個性的すぎる存在感を放つカーター役を、本作が映画初出演となる若林拓也が演じる。

映画『私をくいとめて』は12月18日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ