就活で使う「アピールポイント」とは? 見つけ方と効果的な伝え方も紹介


本記事では、アピールポイントの見つけ方と効果的な伝え方のポイントを解説します。ESや履歴書の自己PRで参考にできる例文やNG例文も合わせて紹介します。
アピールポイントの意味とは?

○アピールポイントとは、自分の魅力

アピールポイントとは、一般的に「アピールしたい自分自身の強みや特徴」を意味します。就職活動や営業といったシーンで使われる言葉です。

就職活動においては、企業が求める能力や人物像と照らし合わせて、企業で活かせる自身の強みを、アピールポイントとして伝えることが大切です。
○企業が知りたいアピールポイントとは

アピールポイントから、自社で成果をあげることに繋がる強みか、企業風土やビジョンに合った人材かがチェックされます。

そのため企業にマッチした人材であることを伝える内容にすることがポイントです。
○アピールポイントと混同しやすいもの

アピールポイントと混同しやすい言葉として、長所があります。

長所は自身のいいところや優れた点といった意味を持つ言葉です。
就職活動においては、アピールポイントとは意味が異なります。
長所は自分自身が考える主観性が高い優れた点ですが、アピールポイントは企業が求める人材像に対してアピールできる、客観視が必要な自身の優れた点です。
アピールポイントの見つけ方

○企業の求める人材像からアピールポイントを見つける

アピールポイントを見つける際は、まず企業の求める人材像を把握することが重要です。企業の募集要項やコーポレートページの採用情報・企業理念をから、企業がどのような人材を求めているかを推測することができます。
○学生時代の活動を振り返る

学生時代の活動の中で、学業やサークル活動、アルバイトやボランティア、留学などの経験から、自身のアピールポイントを見つけることができます。

目標を自ら設定し何かを成し遂げた経験から、自身のアピールポイントを見つけましょう。
○自分自身で見つけられない場合は周囲に聞く

周りの人に聞いてみるのも1つの方法として有効です。

自分自身では気づいていない点も、客観的にみるとアピールポイントになることがあります。自分自身ではアピールポイントに値しないと思っている点も、第三者の目線からは、アピールポイントになることも少なくありません。
アピールポイントの効果的な伝え方

○最初に結論から述べる

アピールポイントをわかりやすく伝えるためには、最初に結論から述べることが重要です。アピールポイントを最初に述べることは、インパクトを与えやすくなるほか、話が入ってきやすくなるといったメリットがあります。
○アピールポイントの根拠を明確にする

いくら魅力的なアピールポイントを伝えても、根拠が伴っていないと信憑性が薄れてしまいます。

場合によっては、誇張しているのではないか、嘘をついているのではないかといった、マイナスの評価に繋がる可能性もあります。

実際に、アピールするに値する能力を兼ね備えているということを証明するために、過去の経験談とともにアピールポイントの根拠を明確にすることが重要です。
○自己PRの参考に!例文とNG例文

自己PR文のいい例と悪い例について、例文を用いて紹介します。

いい例:向上心と継続力について、数字を交えた具体的なエピソードから成果まで、詳細に伝えられています。
私は、目標に向けて常に向上心を持って努力し続けることができます。
大学4年間バスケットボール部に所属し、シューターとしてチームに貢献するため、毎日100本のシュート練習を自主的に行ってきました。はじめは時間がかかりましたが徐々にスキルも向上し、最終的に300本までできるようになりました。その結果、大会ではチームの勝利に貢献し、MVPも獲得することができました。
貴社でも営業として、目標達成に向け地道に努力を重ね、業界1位を目指して実績に貢献したいと考えております。

悪い例:努力する上で工夫した点や努力しようと思ったきっかけが書かれておらず、説得力に欠ける文章となってしまっています。
私は、一度決めたことは最後までやり抜き、目標を達成することができます。
昨年TOEICを受験した際には低い点数でしたが、高得点を獲得すると決め必死に勉強を続けたところ、650点を獲得することができました。はじめはなかなか結果が出ず苦しい思いをしましたが、なんとか自分を奮い立たせて頑張りました。
貴社でもこのような経験を活かし、貴社の発展に貢献したいと考えております。

まとめ

アピールポイントとは、自身の強みや魅力を意味します。就職活動においては、企業の求める人材像を把握した上で、自身や周囲の考えと照らし合わせて、アピールポイントを見つけることが大切です。

「この人なら入社後に活躍してくれそうだ」と思ってもらえるようなアピールポイントを考え、就職活動をスムーズに進めましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ