4WAYで楽しめる♡秋にぴったりのかぎ針編みイヤーアクセ

Sheage

2020/9/16 07:10


「糸がつくる音色」をイメージして作られる、「i t o : n e(イトネ)」のかぎ針編みのイヤーアクセサリー。ギュッと詰まった編み玉やふわりとしたレースモチーフ、一つひとつ表情豊かで温かみが伝わってきます。柔らかな素材を活かし、4WAYもの着け方ができるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

手編みで丁寧に生み出されるアクセサリー


photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

「身近な糸という素材を使い、心にそっと響く愛らしいアクセサリーを作れたら」。そんな想いが込められた、かぎ針編みのアクセサリーブランド「i t o : n e(イトネ)」。Kakiyama Maiさんが細い糸を編み、さまざまなピアスやイヤーカフなどを制作しています。

photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

幼い頃から手を動かして何かを作ることが好きだったというKakiyamaさん。服飾関係の仕事をしていた祖母の影響もあり、編み物や縫い物に親しんできたそう。

かぎ針編みでアクセサリーを作るようになったきっかけは、生まれてくるお子さんのためにベビードレスを手作りしたこと。細い糸で丸いボタンとアップリケを編んだとき、一本の糸から自由に立体的な形を作る楽しさに魅了されたといいます。今でもそのときの気持ちを大切に、一つひとつのアイテムを制作。そのアクセサリーからは糸のやさしさと力強さが伝わり、手編みならではの温もりも感じられます。

シャープな印象のスティックとかわいい編み玉の組み合わせ


photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

こちらは、糸をマッチ棒のような角棒状に編みこんだロングスティックと、丸い編み玉のキャッチがセットになったピアス。

スッと長く伸びたスティックは、耳元や首筋、輪郭の女性らしい曲線を引き立てます。対してころんと丸いキャッチと、全体を覆う編み模様は柔らかな印象。シャープさとかわいらしさの両方をあわせ持っています。

スティックと編み玉どちらを前にしても着けられる2WAY仕様。カラーはアイボリーかチャコールから選べ、スティックと編み玉の色を変えてバイカラーにすることもできます。

ボールスティック2WAYピアス(片耳用) 3,100円(税込)

レースのような輪が耳元で揺らめく


photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

続いては、糸で編んだ小さな輪が連なり、円を描いたピアス。

アイルランドに伝わるクロッシェレースの技法を参考に、ボタンホールに使われる芯糸を編みくるんで作られています。そばで見るとふっくらと厚みがあり、温かみや柔らかさが感じられるデザイン。動くたびにレースのような輪が耳元でゆらゆらと揺れて清楚かつ華やかです。

糸の輪 - リングループ ピアス 3,200円(税込)

レースと編み玉はさまざまな形にアレンジを


photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

ころんとした編み玉と軽やかなレース模様、両方に惹かれるという方におすすめなのがこちらのピアスです。

ネット状にゆったりと編んだ円形のモチーフと、編み玉のキャッチを組み合わせたもの。それにより、なんと4WAYもしくはそれ以上の着け方ができるようになっています。

photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

編み玉のキャッチをレースモチーフの真ん中につければ、まるでお花のよう(写真左上)。キャッチを少しずらして端で留めてレースモチーフを大きく見せると、また違った印象になります(写真右上)。レースを耳の裏側につけると、大人っぽいバックキャッチ風に(写真左下)。そしてレースモチーフを半分に折って留めると、フリルが重なったようになるのです(写真右下)。柔らかな糸を編んでいるからこそできるさまざまなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

カラーは、レースがブルーで編み玉がアイボリーのものと、レースがアイボリーで編み玉がチャコールブラウンの2種類があります。

ネットレースと編玉のピアス

アイボリー・チャコールブラウン/ブルー・アイボリー 各4,450円(税込)

photo
出典:https://sheage.jp/article/64564

i t o : n eのイヤーアクセサリーは、Creemaやiichiのサイトでご購入が可能です。ほかにも、編み玉やスティックが単体のシンプルな形や、レースにパールを組み合わせたデザインなどもありますよ。

これから少しずつ肌寒くなる秋口。糸を編んだ温かみのあるアクセサリーを、装いに加えてみてはいかがでしょうか?

writer / ゆりか
 photo / i t o : n e

取材協力

i t o : n e(イトネ)
https://i-to-ne.wixsite.com/itone

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ