結婚へのカギは「付き合って1年以上」!? 長続きするカップルになる5つの秘訣

ウレぴあ総研

2020/9/16 06:30

恋の始まりはいつもいい感じなのに、1年以内にマンネリ化してしまったり、すぐに気持ちが冷めてしまったりすることはありませんか?

思い当たる節があるのなら、もしかするとあなたは「愛の育て方」を理解できていないかもしれません。

今回は「交際が1年以上続いているカップル」「一旦交際すると長く関係を続けることが多い」という人の特徴や長続きの秘訣を詳しくご紹介します。

「交際が続かない!」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

■みんなは結婚までにどのくらいの期間付き合っているの?

長続きするカップルの延長線上に見えてくるのは、2人がパートナーとして結ばれる「結婚」です。

「2019年のゼクシィ結婚トレンド調査」 では、付き合ってから結婚するまでの平均的な期間が「3.3年間」と発表しています。

しかし、内訳を見てみると「交際期間1~2年未満が26.0%」と最も高く、続いては「交際期間2~3年未満が23.8%」、最後に「交際期間3~4年未満が14.0%」という結果に。

付き合ってから結婚するまでの平均期間は3.3年間ですが、最も多いのは交際期間1~2年ほどの期間になります。

結婚を考えている場合、1年以上の期間にわたって安定した交際を続けることがポイントといえそうです。

ただし、やみくもに長く交際すれば結婚につながるのかというと、決してそうではありません。

長すぎる交際はかえって結婚の妨げになる場合もあるため、丁度いいタイミングを見極める必要があるでしょう。

■結婚を意識するのは「交際開始1年未満」

付き合ってから結婚するまでの平均期間は3.3年間ですが、結婚を意識し始めるのは「交際開始後1年未満」であるケースが多く見られます。

結婚を意識するようになった後も交際を続けていくことで、本当にこの人とやっていけるのかどうか判断したり、結婚に向けた計画を2人で進めていったりするカップルも珍しくありません。

また、結婚を意識するタイミングは年齢によっても異なることがわかっています。

20代では「交際後1~2年ほど」で結婚を意識している人が多い一方で、30代の場合は「交際開始後半年以内」に結婚を意識する人が多く、結婚願望の強さによって結婚を意識する期間に差が生じるといえるでしょう。



■長続きするカップルになる5つの秘訣

結婚を意識するのは「交際後1年以内」で、結婚までの交際期間の平均は3.3年間でした。

この数字から考えると、交際後1年以内に別れてしまうカップルは結婚にたどり着く可能性が低くなります。

ここでは、長続きするカップルになるために大切な5つのポイントをご紹介します。

■1: 嘘をつかない

長続きするカップルになるためには、まずお互いの「信頼感」を高める必要があります。

信頼している相手とだからこそ、苦楽を共にしていい関係性を築けますよね。

逆に「ちょっとしたことで嘘をついてしまう」「自分に都合のいいように事実を曲げて伝えてしまう」というクセがあると、パートナーからの信頼を得ることは難しいでしょう。

「交際が長続きしない……」と悩んでいる人は、とにかく「嘘をつかないこと」「誠実さを身につけること」から初めてみてください。

■2: お互いの個性を尊重する

長く関係を続けているカップルの多くは、お互いが心地いい存在になれるように努力をしています。

例えば「彼氏がアウトドア・彼女がインドア」という正反対の個性を持つ場合でも、お互いの個性や趣味を尊重して大切にする努力をしているものです。

「私の趣味に合わせて!」「あなたの趣味がわからない!」「私たち合わないね」などと主張することはなく、お互いの趣味に興味を持ったり寄り添おうとする姿勢が見られます。

無理をして相手の個性に合わせることはありませんが、相手の個性を「認めて尊重する」姿勢は忘れずに!

■3: 2人に共通することを見つける

長続きするカップルになりたいのであれば、ぜひ「2人のベクトルを方同じ方向」へ合わせる努力をしてみてください。

長続きするということは、お互いに居心地がよくて2人の関係に充実感を見出している表れです。

そのためには「同じ趣味を持つ」「食べ物の好みが同じ」「価値観が似ている」「嫌いな物が一緒」「結婚願望が強い」など、2人に共通する趣味や思考を見つけてみましょう。

お互いに共感できる部分があれば話も膨らみやすく、一緒に過ごす時間がより有意義なものになるはずです。

■4: 友達や家族ぐるみで付き合う

友達や家族ぐるみで付き合うことも、長続きするカップルに共通している特徴です。

親や兄弟・友人らを巻き込んで付き合いを続けていくことで、自然に「周りも公認の2人」というイメージがつき、お互いの関係性を深めるいいきっかけになるでしょう。

また、友人や家族ぐるみで付き合うと結婚後の生活もよりリアルに描けるようになることがなく、2人の間に亀裂が生じた場合などは親や友人からのアドバイスを受けることもできます。

友達や家族ぐるみで付き合いを続けていくことで、より冷静な判断もしやすくなり、いい関係性の構築にもつながるでしょう。



■5: 体の相性も大切なポイント

最後にご紹介するのが、なかなか無視できない「体の相性」について。

日本は世界の中でも「セックス回数が少ない国」として有名でセックスに対して淡白なイメージがありますが、意外に「セックスレスで悩む人」も少なくありません。

セックスレスが引き金となって関係性が悪化してしまうことも珍しくないため、体の相性もチェックしておくといいでしょう。

ちなみに、長続きするカップルのセックスは「行為中に相手を思いやる」「愛撫の時間が長い」「相手が喜ぶ言葉がけをしている」などの特徴があります。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。



結婚を意識してもしなくても、長続きするカップルには「お互いを尊重している」「交際を楽しんでいる」などの共通点が見られます。

パートナーと充実した毎日を過ごすためにも、ぜひ長続きするカップルの特徴を意識してみてください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ