かねこあや、疑惑のレギンスプロデュースに弁明「表示が違うだけ?」

wezzy

2020/9/16 06:00


 10年来の「親友」の中がこじれにこじれ、暴露合戦となっているYouTuberの「かねこあや」と「てんちむ」。てんちむの豊胸による詐欺騒動はついにテレビでも取り上げられるに至ったが、かねこあやも「売上不振だった既製品のレギンスを、かねこあやプロデュースと称して再販売した」という疑惑で炎上中だ。

実際、かねこあやのプロデュースしたレギンスの商品ページと過去の既製品の商品ページを見比べると、ただかねこあやの写真を貼り付けただけという杜撰さ。これに対し、かねこあやは「1年間協議開発した商品なので、プロデュースしたことに間違いはないんです」と言いきっており、事実関係についてメーカー側に問い合わせるつもりだと9月3日のコレコレの配信で宣言していた。

そして9月10日、かねこあやは自身のプロデュースしたレギンスについての調査結果を報告。かねこあやは自身のプロデュースした「キャットレッグスリム」について「メーカー様と何度も打ち合わせを重ねて作った商品に間違いはございません」と改めて強調、「キャットレッグスリム」と既存の商品「プレミアムスリムスキニーレギンス」との相違点について以下のように説明している。

・メーカーがもともと販売していた着圧レギンスを“商品サンプル”として見ながら、かねこあやの希望の着圧度合いや肌触り、成分などの打ち合わせを重ねた

・レギンスの配合成分は、ゲルマニウムと銀はそのままだが、新たにカサツキ防止と肌触りをよくする目的でシルクプロテインとアミノシリコンオイルを追加している

・かねこあやの提案で、涼感キシリトール、UVカット成分、帯電防止成分などを入れる案もあったが、販売開始の季節や他成分との兼ね合い(配合不可)、コスト面を考慮し、メーカー側の判断でカットとなった

・プレミアムスリムスキニーレギンスは以上の同成分を追加している

・2つの商品の違いは着圧の強さの数値

・メーカー側が新商品(プレミアムスリムスキニーレギンス)を企画していた段階だったため、両商品を同じ成分・同じ形にした

・成分が同じなので、販売ページが似てしまった

この説明によると2つの商品の違いは「着圧のみ」ということになる。販売ページを見ると、かねこあやプロデュースの「キャットレッグスリム」は着圧の数値が小数点以下まで書かれているのに対し、「プレミアムスリムスキニーレギンス」は小数点以下がない。しかし逆に言えば、小数点以下の表記しか違いはないため、プレミアムスリムスキニーレギンスのほうの小数点以下を切り捨てただけという解釈も可能だ。

販売ページ上の「独自の下半身ケアシステム」という着圧の説明は、フォントからレイアウトまですべて同一。商品説明もキャッチコピーも一緒で、かねこあやの写真があるかないかの差しかない。さらに、「お客様満足度」という項目があり、どちらの商品も「98.4%」。小数点以下まで違う商品の満足度が一致するとも思えず、これもモデルやレビューコメントもまるっきり同じであった。

そもそも、「キャットレッグスリム」の販売発表から1日も経たずしてこの広告ページができていることから、お客様満足度など分かりようもないはずだとして「商品まだ客の元に届いてないと思うんだけど」と疑う声もある。

かねこあやの説明では、シルクプロテインとアミノシリコンオイルがかねこあやの提案後に、プレミアムスリムスキニーレギンスにも追加されたとあったが、かねこあやが商品プロデュースを発表したのは2019年10月3日。ウェブ広告の更新日は2019年4月11日であり、こちらが先だ。そもそも、かねこあやの言い分がすべて本当だとすれば、会社側がかねこあやのプロデュース商品を勝手に「成分・着圧具合が良い」として丸パクリのような商品を出したということになってしまうため、批判の声はまだ続いている。

一方のてんちむは「裏垢」流出で引退を示唆しているが、かねこあやの代理人弁護士は「今後、かねこあや氏は、自身の口から某友人(てんちむのこと)に関するお話をすることは差し控えさせていただく予定です」と表明しており、バトルはこのまま収束へ向かうのかもしれない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ