初対面で他の女性と差をつける会話術

ハウコレ

2020/9/15 21:00



意中の男性が目の前にいるのに、黙っていたり、もしくは一人でペラペラとおしゃべりしたら、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。彼にライバルがたくさんいる場合、会話で差をつけることができたら、一気に距離を近づけることができますよ。そんな会話術の秘訣をこっそりと伝授していきますね。

■スピードを合わせる
男性が早口なら、彼女も少しは話すスピードをあげましょう。もしくは彼がゆっくりと考えながら話すタイプなら、彼女の方も、ひと呼吸おいて話す方がいいでしょう。会話のリズムが合わないと、相手を疲れさせてしまいます。

「早く会話を切り上げたいな」

なんて思われてしまったら悲しいですよね。でも、相手にリズムを合わせていくと、楽しい時間を過ごせることでしょう。

「また彼女と話したいな」

そう思われること、間違いないですよ。沈黙を恐れない女性に多いのが、沈黙が怖くて、ついつい自分の話題をペラペラと話してしまうことです。もしかしたら彼は、黙っている間に彼女に伝えたいことを、心の中で整理していたかもしれません。もちろんある程度の沈黙の後、彼が一言も発しないようでしたら、彼女の方から話題を振ってもかまわないですが、必要以上に沈黙を恐れることはやめた方がいいでしょう。微笑みながら待っていたら、言葉が返ってくるかもしれませんよ。

■目の輝きを見逃さない
男性がシャイな場合、もじもじして会話がはずまないこともあるでしょう。そういう時は、女性の方が会話をリードするのもありです。趣味の話や、好きな食べ物の話をしていくと、男性がぱっと顔を上げる瞬間があるはずです。それは、彼も同じものが好きというサインかもしれません。

「もしかして、ラーメン好き?」

「うん」

「そうだったんだ。おすすめのお店を教えて」

会話がゆるやかな上り坂のように、盛り上がっていきますよ。

■知らない振りをする


例えば男性が、過去に行った旅行について、得意げに話すことってありますよね?その時に、

「私も行ったことがある」

と彼女が言うことで、より会話が盛り上がることもありますが、ここは黙ってみましょう。男性は、特に女性がとても魅力的で、手強いな、なんて思っているとき、会話まで女性に取られてしまうと

「やっぱり無理かも」

と弱気にさせてしまいます。でも彼女がたとえ行ったことがある場所でも、知らない振りをして

「そうなんだ」と、感心して聞くだけで、彼は喜んで話し続けるでしょう。

■まとめ
「またあの女性と話したいな」

男性にそう思われることで、他の女性と圧倒的に差をつけることができます。どの女性よりも彼の近くに行けたら、恋が生まれる可能性も出てきますよね。身につけた会話術が、味方になってくれるので、

「今日は楽しかったよ」

と男性に言われたら、思い切ってデートに誘ってみましょう。応援しています。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ