新しいランニングコースを走ってみよう|おすすめの運動メニューあり


以前からの読者のみなさんはご存知かもしれませんが、私にとって9月はランニングにもってこいの時期です。

猛暑はもう去りつつあるので、夕暮れや早朝の時間帯だけでなく、1日中ランニングやウォーキングを楽しむことができそうです(どうも私は暑さに弱いのです)。

というわけで9月は、新たなランニングとウォーキングのチャレンジを発表します。といっても通常とは少し違います。

初めてのコースを走ってみよう


今週のチャレンジは、「外に出て、はじめてのコースを走る」です。それが無理なら「今年はじめてのコース」でも構いません。

巣ごもり生活が始まってからというもの、ほとんど毎日家の近くの同じ周回コースをウォーキングしているという人は、私だけではないでしょう。

私は昨日、車に飛び乗って、人がよく集まる公園に人気の少ない時間帯に行ってきました。

そこのトレイルコースを走るのは数カ月(数年?)ぶりだったので、懐かしく感じました。

(念のためにマスクも持って行ったのですが、結局は着けませんでした。30分間のランニング中にすれ違ったのは、ハイキングのカップル2組とマウンテンバイクに乗った1人だけでした。)

おすすめの有酸素運動メニュー


これまで走る習慣のなかった人も、大丈夫です。ゼロから始めるなら、初心者ランナー向けのCouch to 5Kプログラムがおすすめです。

以前に走っていて、今もそこそこ体力があるという人は、特に準備段階なしで走り始めてもいいでしょう。

私が参考にしたのは、ケガ明けの人がランニングを再開する時のプランです。といっても私の場合、実際にケガをしたわけではなく、少しずつ元の状態に戻るためのランニング/ウォーキングメニューが必要でした。

私がこなしたのは、こんなメニューです。
  • ウォーキング10分・ランニング5分・ウォーキング5分・ランニング5分
  • ウォーキング5分+ランニング5分を3回繰り返す
  • ウォーキング3分+ランニング7分を3回繰り返す
  • ウォーキング2分+ランニング8分を3回繰り返す

このウォーキングは、私にとって体を休めるためというよりも、精神的な休息です。良い習慣を身につけるには、うまく自分を仕向けることも時には必要です。

以前の私は周回コースのほうが好きでしたが、今は往復コース(時計が15分経過を告げたら引き返します)も好きになりました。

つまり今週のチャレンジは、ランニング(あるいはウォーキングやハイキング)にいつもと違うやり方で取り組むことです。

たとえば、はじめてのコースに挑戦する、ランニングのメニューを変えてみるといった具合に。

ウォーキングには飽きたけれど、かといって走るのも嫌だという人には、重りを入れたバックパックを背負って歩く「ラッキング」がいいかもしれません。

走るペースは気にしないようにしましょう。前ほど速く走れないかもしれませんし、新しいルートは坂が多いかもしれません。

来週以降のチャレンジはもう少しきついものになりますが、とりあえず今週は楽しみながら、少しずつ元の調子を取り戻していってください。

あわせて読みたい
インソール 衝撃吸収 中敷き 消臭 ドクターショール ジェルアクティブ アクティブプラス 運動などの強い衝撃用 M(25.5cm-29.5cm)
インソール 衝撃吸収 中敷き 消臭 ドクターショール ジェルアクティブ アクティブプラス 運動などの強い衝撃用 M(25.5cm-29.5cm)
1,591円

ランニングウォッチ GPS 腕時計 デジタル ウォッチ 防水 軽量 Bluetooth搭載 歩数計 EZONT031B01
ランニングウォッチ GPS 腕時計 デジタル ウォッチ 防水 軽量 Bluetooth搭載 歩数計 EZONT031B01
5,950円


Image: JGA/Shutterstock.com

Source: Kemibie.com, Military.com

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ