安藤裕子の「一日の終わりに」MVを映画化 門脇麦×宮沢氷魚共演、齊藤工が企画・脚本・監督の短編『ATEOTD』劇場公開が決定 

SPICE


齊藤工監督の短編映画『ATEOTD』が9月25日(金)に劇場公開されることが決定した。

『ATEOTD』は、斎藤工が齊藤工名義で監督した安藤裕子のミュージックビデオ「一日の終わりに」をショートフィルム作品として制作したもの。「ATEOTD」とは「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字を繋げた略語。齊藤が原案・脚本・監督を務め、キャストに門脇麦と宮沢氷魚を迎えて制作された本作では、100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族を失い、病に蝕まれる運命を背負いながら生きぬこうとする男女の儚い夢を描く。また、劇中の絵は全て安藤が手がけているとのこと。
『ATEOTD』 (C)『ATEOTD』製作委員会
『ATEOTD』 (C)『ATEOTD』製作委員会

「一日の終わりに」MV

なお、『MANRIKI』で知られる清水康彦監督によるリモート作品・『TTF#6「でぃすたんす』および『ATEOTD』のメイキング映像も併映される。
安藤裕子
安藤裕子

『ATEOTD』は9月25日(金)より、イオンシネマほか全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ