男性が「あまりにも真面目すぎて引いてしまった」女子の言動って?




真面目なのは悪いことではありません。でもあまりにも真面目“すぎる”と、男性のプレッシャーになるおそれがあります。「この子とは価値観が合わなそうだな」と思われる原因にもなるでしょう。
そこで今回は「真面目すぎて引いてしまった女子の言動」についてリサーチしてみました。

デート前に下見をしていた

「彼女と水族館に行ったのですが、展示場所やトイレの位置などにやたら詳しい。疑問に思って『何でそんなに詳しいの?』と聞いたら、実は前日に下見に来たと言われました。わざわざ入場料まで払って!? さすがにビックリしましたね」(20代/学生)

▽ 真面目な女性ほど、スムーズにデートできるよう下見をしたくなるでしょう。でも張り切りすぎると空回りしがち。
もしかしたら「元カレと来たことあるのかな」と誤解されてしまうかもしれませんよ。たとえデート中にうまくいかないことがあっても、振り返るといい思い出になったりします。あまり肩肘張らずにいきましょう!

恋愛心理を学びすぎていた

「彼女の家に行ったら、大量の恋愛心理学の本があったこと。いままでそういった“テク”を利用して俺と付き合っていたのかと思ったら、何か彼女が信用できなくなりました……」(30代/営業)

▽ 男性心理を学ぶのは問題ないのですが、彼にはバレないほうがよさそう。「そこまでしてモテたいのか」とか「あれもテクニックだったの?」と勘違いされる恐れがあります。恋愛系の本は、見えないところにしまっておきましょう。

デート時にずっと勉強している

「資格習得を目指していた彼女から、久しぶりに息抜きがしたいとデートに誘われた。それで遊園地に行くことにしたのですが、待ち時間にずっと参考書を読んでいたんです。『えらいな』と思う反面、久しぶりに彼女と話せると思っていたのでちょっとガッカリ。これなら会わないほうがよかったのではと思ってしまった」(30代/SE)

▽ 彼女からすると「彼と会いたいけれど勉強もしなきゃ」との思いなのでしょう。でも彼が「せっかく会えたのに、勉強ばかりか……」とガッカリする気持ちもわかりますよね。こちらは食い違いが起きないよう、事前にきちんと説明をする必要がありそうですね。

会話内容がもはや面接



「初デートをした際、自分のプロフィールを軽く説明してきたAさん。そのあと『○○さんの職業を教えていただけますか?』からはじまり、出身地や家族構成などいろいろ聞かれました。口調も堅苦しいし、これじゃ完全に面接ですよね……」(20代/商社)

▽ 初対面は敬語が多いでしょうが、それにしても喋りかたが堅苦しすぎると身構えてしまいます。さらに内容によっては尋問されている気分に。仕事ではないのですから、適度なラフさはあってもいいですよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ