「面」は「メン」と聞こえない?! 剣道の掛け声の不思議

TOKYO FM+

2020/9/15 17:00

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。9月14日(月)は『スポーツ観戦のススメ』をテーマに、リスナーが観て楽しいスポーツを紹介しました。そのなかから、中学時代は剣道部だったという18歳の男性リスナーと、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とのやり取りを紹介します。



――剣道の試合観戦 その面白さとは?!

さかた校長:もしもし! 早速だけど、何のスポーツ観戦が好きなの?

リスナー:剣道です。

さかた校長:剣道?! 俺も剣道を12年間やっていたから、うれしいね~! なんで剣道観戦がオススメなの?

リスナー:まず……同じ選手でも声の出し方がいろいろあるんです。

さかた校長:掛け声というか気合いを入れるときの声が、選手によって全然違うよね。剣道って最初に構えたときに、自分を鼓舞させるためか声を出すんだけど……経歴を重ねると変わってくるんですよ。

リスナー:最初は「やー!」で教わるんですけど、だんだん自分なりの声の出し方になるんです。

こもり教頭:校長はどんな掛け声だったんですか?

さかた校長:……やっていいですか?! 「イェやぁああ~!!」。

こもり教頭:高っ。これマジのやつですか?

さかた校長:マジです。しかもそのときによって違うんですよ。亀田興毅さんの「シャコラー」みたいな感じで「ッシャア~!」とか。

こもり教頭:へぇ~!

さかた校長:たしかに、剣道の掛け声は面白いね。今の俺の掛け声はどうだった?

リスナー:いいですね!



こもり教頭:俺は剣道を生で観戦したことがないんですけど、何を楽しめばいいですか?

リスナー:自分はYouTubeで1本集を観ています。

さかた校長:サッカーでいう“スーパーゴール集”みたいな感じだね。1本とったときの動画を集めたものだよね。

リスナー:そうですね。剣道を知らない人でもわかりやすいと思います。

こもり教頭:1本というのは……面?

さかた校長:「面」「小手」「胴」「突き」ですね。

リスナー:「突き」は、高校生以上じゃないとできないんですけど。

さかた校長:そうだね。動画を見るときのポイントはある?

リスナー:審判を見てほしいです。

さかた校長:それはマニアックだな(笑)。

こもり教頭:なんで審判なの?

リスナー:剣道の審判って基本は3人なんですけど、2人が旗を上げないと1本にならないんです。

さかた校長:でも剣道って達人になると見えないんですよ。

リスナー:速すぎて(笑)。

さかた校長:だから、「この審判、今きっと勘で上げただろうな」とか思いながら見るのも面白いよね。

リスナー:そうですね(笑)。

こもり教頭:なるほど……でも剣道って、どこを見て楽しめばいいんだろう?

さかた校長:最初はルールもわからないからね。でも審判の旗が上がったときが1本入ったときだから、それは「面」や「小手」が当たった瞬間なのよ。そのときに声も出しているから……。

リスナー:打突部位の。

さかた校長:これもベテランだと、「面」「小手」「胴」とかってハッキリ言わないのよ。

リスナー:そうですね(笑)。逆にしっかり言っている人のほうが少ないです。

こもり教頭:えっ? どう言うの?!

さかた校長:俺は「小手」ときは、「コッテコテコテコテコテコテコテ~~~!」みたいな。初めて聞いたら、「なんで何回も言うの?!」って思うでしょ? でもアドレナリンが出過ぎて、「小手」なのに「ックァーー!!」とか言う人もいるよ。

リスナー:めちゃめちゃいます!

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:「胴」も「っあああぅぅぅ~!」みたいな。

こもり教頭:もう、それは言ってないですよ(笑)。本来は打った部位を言うわけじゃん? でもそんなふうに言われたら、しっかり見ないとわからないよね。

リスナー:そうですね。

こもり教頭:でもそれを見るのが楽しいのか。

さかた校長:そうだね。全日本とか1本集のレベルって、マジ漫画だから。そのくらい速いよな?!

リスナー:速いです。

さかた校長:迫力もあるし速いし、品もあるから……剣道の試合って、相撲と一緒で1本がとれてもガッツポーズとかできないんですよ。相手を敬う精神だからね。応援する側も品を求められるからヤジとかないよな。

リスナー:はい。

こもり教頭:「行けー!」は?

さかた校長:それも言わんな。

こもり教頭:へぇ~。

さかた校長:「おお~」って拍手する感じかな。

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:だからすごく神聖なスポーツなんだよね。

こもり教頭:ここで(リスナーから)書き込みが届いています。

『めっちゃわかるー! 自分は3歳から剣道してるけど、決勝のときの会場の静けさと、静かだからこそ際立つ選手の気迫、審判が旗をあげる音。決勝で試合をするときはすごく誇りを感じるし、見ていても誇りを感じる。そんなスポーツです!(15歳女性)』

『剣道いいっすよね~。試合初めの声はほんとに人それぞれですよね。僕が面を言うときは、「めやいっ」みたいな感じです。(16歳男性)』

『掛け声も1本集もめっちゃ分かる! ちなみに自分は「やさぁぁーーーーーっっ!」「面やぁぁーっっ!!(面)」「こたぇぇーっっ!!(小手)」「だぁぁーっっ!!(胴)」「つきゃぁーっっ!!(突き)」って感じでした(笑)。1本集見るポイントとしては、打ち合いのところとか、取った瞬間の会場のどよめきとかにも注目して欲しい!(18歳男性)』

さかた校長:上級者は、声にならない声を発している感じだよね。

こもり教頭:そういう発声みたいなものも、見所なんですね。

リスナー:そうですね。

こもり教頭:なるほどね~。

さかた校長:剣道を紹介してくれてありがとう。これからも一緒に剣道業界を盛り上げよう!

リスナー:はい!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月22日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ