米ビルボード、世界200以上の地域のストリーミングとダウンロードに基づいたグローバル・チャート発足

Billboard JAPAN

2020/9/15 14:00



米ビルボードが、MRCデータと協力し世界200以上の地域のダウンロードとストリーミング・データを集計した、新たなグローバル・チャートをローンチさせた。世界各地でヒットしている楽曲を正確に捉える指標となる。

米ビルボードのグローバル・チャートは、“Global 200”と“Global Excl. U.S.”の2種類で、後者が米国のデータを除外(exclude)したチャートとなっている。両チャート共に、各地域の主要デジタル・プラットフォームにおける定額課金型(サブスクリプション)と広告支援型の公式ストリーミング、そしてデジタル・ダウンロードにそれぞれ比重をつけて算出し、ランク付けしたものとなる。

2020年9月4日から10日までのデータに基づいて算出され、現地時間の9月15日に発表された記念すべき第1回目の“Global 200”の首位は、カーディ・Bとミーガン・ジー・スタリオンの「WAP」で、“Global Excl. U.S.”は、マルーマの「Hawái」がそれぞれ獲得した。グローバル・チャートは今後毎週木曜日に更新される。

MRCデータとMRCメディア&インフォ社長のディアナ・ブラウンは、「決定的な業界チャートの数々の管理者として、世界的な最有力アーティスト、国際的にインパクトのある楽曲、そして米国外でどの曲がトレンドし始めるかなどに関するインサイトを業界に提供できるグローバル・チャートを発表することを大変嬉しく思います」とコメントしている。

また、米ビルボードのチャート&データ開発シニアVPであるシルヴィオ・ピエトロルオンゴは、「ビルボードとMRCデータは、世界的視点を反映させたチャートを発表できることを誇りに思います。チャートのリーチをさらに広げるため、今後もグローバル・チャートに情報提供していただける地域とデジタル・サービス・プロバイダの数を拡大していくことにコミットします」と述べている。

米ビルボードとMRCデータは、グローバル・チャートの発足に向けて、関連業界とデータ企業を交え2年以上話し合いを重ねてきた。このプロジェクトの目標の一つは、複数の地域の音楽をリスナーに知ってもらうことだ。いずれは、より多くの国際音楽市場で活躍するアーティストたちに露出と評価をもたらすことが期待されている。

◎【Billboard Global 200】トップ10
1位「WAP」カーディ・B feat.ミーガン・ジー・スタリオン
2位「Dynamite」BTS
3位「ムード」24kGoldn feat.イアン・ディオール
4位「Hawái」マルーマ
5位「ラフ・ナウ・クライ・レイター」ドレイクfeat.リル・ダーク
6位「サヴェージ・ラブ(Laxed – Siren Beat)」ジェイソン・デルーロ with ジョーシュ685
7位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
8位「Ice Cream」BLACKPINK&セレーナ・ゴメス
9位「ロックスター」ダベイビーfeat.ロディ・リッチ
10位「ウォーターメロン・シュガー」ハリー・スタイルズ

◎【Billboard Global Excl. U.S.】トップ10
1位「Hawái」マルーマ
2位「Dynamite」BTS
3位「WAP」カーディ・B feat.ミーガン・ジー・スタリオン
4位「ムード」24kGoldn feat.イアン・ディオール
5位「サヴェージ・ラブ(Laxed – Siren Beat)」ジェイソン・デルーロ with ジョーシュ685
6位「Ice Cream」BLACKPINK&セレーナ・ゴメス
7位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
8位「Relacion」Sech
9位「ウォーターメロン・シュガー」ハリー・スタイルズ
10位「Caramelo」オズナ

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ