Googleはスマートグラスを諦めない

Glass Enterprise Edition2
Image: Google

試合終了にはまだ早い。

なんかすでに記憶から薄れつつありますが、Googleってスマートグラス作ってましたね。未来きた!というアツい注目はあったものの、それは一瞬。どんなかんじー?ってな興味だけで、プライバシー面で大騒ぎされたわりには実際に使う人は少なく、普及以前に消えてしまいました。

が、まだGoogleは諦めていないようです。ネタ元のPatently Appleが、Googleが特許申請したスマートグラス関連のドキュメントを見つけました。
Googleの特許画像
Image: United States Patent and Trademark Office via Patently Apple

画像を見ると分かりやすいのですが、特許に添付されているイラストは初代Google Glassとはまったく異なるデザイン。一般的なメガネやサングラスのデザインに近くなっています。

スマートグラスとしてのデザインではなく、あくまでもメガネとして日常に馴染ませた上で、スマートな機能を持たせたいということなのでしょうか。レンズ部分にはにはワイドレンズカメラとディスプレイが仕込まれてはいるものの、イラスト上の見た目はただのサングラス。個人的にはこっちの流れの方が正解な気はする。

特許申請書類で一喜一憂するのがギズモード ですが、特許は特許。イコール将来の製品化とはいえません。それでも、Googleがスマートグラスという存在を完全に除外、諦めていないのは頼もしい。

Google Glass、まだ未来があるかもしれない。あの時がちょっと早すぎただけで勝負はこれからなのかも。

Source: Patently Apple via Ubergizmo

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ