この想いをどうしたらいい?辛すぎる失恋から立ち直る方法

ハウコレ



大好きだった彼氏に別れを告げられてしまい、辛すぎてなかなか立ち直れないという経験をお持ちの女性も多いのではないでしょうか。失恋のショックを引きずってなかなか前に進めずにいたり、何かにつけて彼のことを思い出して悲しい想いをしてしまったりすることも。

今回はそんな傷心の女性のために、辛すぎる失恋から立ち直る方法をご提案します。

■泣きたいときは我慢せずに泣く
失恋をして泣きたい気持ちなのに、周りに心配をかけまいと元気に振る舞う人もいますが、それはあまりおすすめできません。人は涙を流すことで気持ちを整理することのできる生き物です。泣きたい時は思いきり泣いてしまいましょう。わざと悲しい恋の映画や漫画を観て自分と境遇を重ね、涙を流してみるのもよいでしょう。

■断捨離をしてみる
彼と長く付き合っていて、自分の部屋に彼からプレゼントされたものや、彼がやってきたときによく腰かけていたソファなど、見れば彼のことを思い出すものがあるかもしれませんね。失恋から立ち直るためには、思い切って彼を思い出すものを全部断捨離してみるのもよいでしょう。全部捨てるのが生活する上で難しい場合は、思い出深いものだけを処分し、部屋の模様替えをするだけでもかなり気分が変わります。

■誰かに打ち明けてみる
あなたと彼の関係を知っているくらい親しい人には、世間話のついでに「最近彼とどうなの?」と聞かれることもあるでしょう。そんなとき、失恋したことを思い出したくないあまりに、あいまいに濁してしまうことはありませんか?

親しい人であれば、失恋したことや今悲しみの底にいること、どうしたら立ち直れるか考えていることなど、全て打ち明けてみることをおすすめします。人に話すことで自分の状況を再確認し、失恋したのだと実感するのは辛いかもしれません。しかし立ち直って前に進むためには、いつまでも悲しみから目をそらさずに、自分の状況をはっきりさせることも必要なのです。

■ひとり時間を楽しむ


失恋をするといつも彼と過ごしていた時間がぽっかり空いてしまい、ひとりで過ごすことにも寂しさを感じてしまいますよね。

そこで、このひとりで過ごす時間を、立ち直るために神様がくれた貴重な時間であると考えてみるのはいかがでしょうか。趣味に打ち込んでみたり、エステやジムに通ってみたり、景色のきれいなところに一人旅に出かけてみたりと、ひたすら自分を癒し、慰め、磨くために使いましょう。今まであまり連絡をとっていなかった友人に会ってみるのもいいですね。意外なところから新しい出会いにつながるかもしれません。

■いつかは必ず立ち直れる!時間が解決してくれることも
失恋をして、悲しい気持ちを引きずってしまうのは決して良くないことではありません。むしろ引きずるほど誰かを好きになれた自分を褒めてあげてもよいくらいです。今悲しい気持ちでいるなら、無理して前を向こうとするのはやめましょう。いつかは立ち直れると信じてひとりで過ごす時間が、あなたを支え、傷を癒してくれるはずです。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ