芦名星さん死去 自宅マンションで親族が発見

News Lounge

2020/9/15 11:23


 女優の芦名星さんが14日、都内新宿区の自宅マンションで亡くなっているところを親族が発見したことがわかった。36歳だった。

同日、所属事務所のホリプロが公式サイトで発表。「本日9月14日午前に、弊社所属の女優 芦名 星が、自宅で亡くなりました」としており、「お世話になった関係者の皆様、ファンの皆様にこうしたご報告を差し上げることは大変辛く、悲しく、残念でなりません。大切な仲間の突然の訃報に接し、所属タレント・社員共に、今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」との文面を掲載した。

詳しい状況については、「現在調査中」とのことで、報道関係者にも「ご家族の深い悲しみにご配慮いただき、取材等をご遠慮下さいますよう、切にお願い申し上げます。今後の取材に関しては弊社を窓口とさせていただきたく存じます」と、注意喚起を促した。

芦名さんは今年1月期に放送されたドラマ『テセウスの船』(TBS系)などに出演。昨年、俳優の小泉孝太郎(42)との熱愛が報じられていた。

当記事はNews Loungeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ