パンサー尾形にヤラセ疑惑! 無謀な“炎上行為”に疑問の声「演出だよね?」

まいじつ

2020/9/15 11:04

尾形貴弘 
(C)まいじつ 

9月14日放送の『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)で、芸人が見せた行動に視聴者が疑問を呈している。

この日は新企画「突っ切り山」を放送。『パンサー』の尾形貴弘、『安田大サーカス』の団長安田、サンシャイン池崎、ワタリ119らが山の頂上から別の山の頂上まで、5キロの道のりを一直線に突っ切った。

「火と水は自力で用意する」というルールのため、一行は川を見つけて直接水を口にしようとしたが、川の水には微生物が含まれており煮沸が必要だった。ライターの火を頼りに水を沸騰させ、タンクに入れて移動した。

『パンサー』尾形貴弘が登山中に水を捨てる


その後、急坂を登りながら、100メートル歩くごとにタンクを持つ人物を交代することに。しかし、その重さにたじろいだ尾形は、メンバーの目線が向いていない隙をつき、水を飲んでからタンクから水をドボドボと地面に捨てる。「よし、これで軽くなった!」と意気揚々と歩みを進めた。

しかし、すぐさま周囲にバレ、気まずい雰囲気になったものの、仲間割れすることなく無事頂上に到着した。この一連の流れに、視聴者からは疑問の声があがっている。

《これ尾形やらされてんのかな。そこまで知らねぇけど尾形の性格からして水捨てるなんてゲスいことしねぇだろ》
《尾形、これは番組の演出…だよね?そうだと言って欲しい あと、熱中症気になるから、飲み水はもちろん別で用意あるよね?》
《皆の水勝手に飲んじゃったり 捨てちゃう人っぽくないと思うけど…演出かなぁ》
《演出だとしても尾形さんのこの水を捨てたりするやり方大っ嫌いじゃ…》

尾形の行動は「ヤラセ」だったのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ