アインシュタイン稲田直樹、新型コロナウィルス感染 現在は自宅療養中

モデルプレス

2020/9/15 11:03

【モデルプレス=2020/09/15】お笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹が、新型コロナウイルスに感染したことがわかった。15日、所属事務所・吉本興業の公式サイトにて発表された。

◆アインシュタイン稲田、コロナ感染



稲田は9月13日(日)の早朝に発熱があり、PCR検査を受けた結果、14日(月)に陽性と診断されたという。発症日は12日(土)とのことで、稲田は現在、自宅待機中だと発表された。

吉本興業は「同社グループにおいては医療専門家、行政機関の指導のもと、引き続きお客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施していくとしています。1日も早い回復をお祈りします」とつづっている。

なお、濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処していくとのこと。

稲田は13日、自身のTwitterにて「本日、体調を崩して念の為にお仕事を休ませて頂いてます! 今は体調も良くなってきてますが検査も受けましたので追ってご報告いたします!」と伝えていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ