『銀河英雄伝説 Die Neue These』、続編(全24話)制作決定!超特報PVも解禁


2020年4月からOP・EDを新たに全24話にてNHK Eテレにて放送されたTVアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』。9月14日に最終話が放送された本作の続編制作が決定した。

田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として累計1500万部のセールスを記録。今なお増刷が続く『銀河英雄伝説』。1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開された。

その後、2018年4月にProduction I.Gが改めて新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(全12話)を制作。そのセカンドシーズンとなる「星乱」(13話~24話)も2019年に映画館でイベント上映された。

新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作だが、その続編の制作が決定。続編は25話~48話の全24話となる。

続編の制作決定にあわせて、超特報PVも解禁。超特報PVは「ユリアン、初陣」「双璧の過去」「弾劾 ヤン・ウェンリー」「要塞対要塞」「幼帝誘拐」といった、続編で描かれると思われる内容をあらわすフレーズや印象的なセリフが次々に浮かび上がる。

また冒頭と後半にラインハルトの亡きキルヒアイスを思わせるセリフも登場。今後の物語がどのように進むのか期待が膨らむ。
○●「銀河英雄伝説 Die Neue These」続編決定超特報PV

続編の展開時期など詳細は続報を待ちたい。各詳細は公式サイトにて。

(C)田中芳樹/松竹・Production I.G・らいとすたっふ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ