ジャイアンツ戦で入場者数を19,000人に引き上げ! 9/21から東京Dにて

SPICE

2020/9/15 10:04


読売ジャイアンツが東京ドームで開催される試合で、入場者数を上限19,000人に引き上げる。対象となるのは9月21日(月・祝)の広島東洋カープ戦以降の主催試合。

これは、9月12日(土)に開催された、NPBの臨時実行委員会での決定を受けての措置となる。政府がイベント開催の制限緩和を打ち出したことを受けて、臨時実行委員会では9月19日以降の試合において、入場者数の上限を12球団それぞれの判断で引き上げる。

ジャイアンツでは入場券の販売と配券にあたって、座席の前後左右の間隔をあけるなど、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めていくとしている。入場券販売枚数の変更、それに伴う販売方法等の変更に関する詳細は、決定次第改めて発表される。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、これまでは

1.参加者の人数上限は5,000人
2.屋内イベントは施設定員の50%以内

という制限があった。今回の緩和で1の制限がなくなり、入場者数を増やすことが可能になっている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ