”銀座 蔦屋書店”職人技が光る「和紙ブックカバー」発売

IGNITE

2020/9/15 08:00


日本の伝統技術を取り入れた個性溢れるブックカバーが登場。



”銀座 蔦屋書店”は、福井県で作られる越前和紙の老舗である株式会社丸和とコラボレーションした「和紙ブックカバー:江戸の和菓子色」を 2020年9月14日(月)から販売開始。

銀座 蔦屋書店のみの限定販売で、2020年9月3日(木)よりオンラインストアにて先行予約受付中。

■和紙ブックカバーとは?



かつての日本では、生活のあらゆるのシーンで使われていた和紙。封筒、壁材、障子として和紙は生活に不可欠なものとして使われてきた。

しかし残念ながら現代では、和紙に触れる機会がとても少なくなっている。

そんな中で銀座 蔦屋書店では、楽しみながら和紙を現代の暮らしに取り入れていく機会を増やしたいと考え、2年前から老舗の和紙メーカーとコラボレーションを実施。

この度、銀座 蔦屋書店の企画で株式会社 丸和とともに「和紙ブックカバー」を開発した。





¥5,800(税別)

和紙ブックカバーの一番の特徴は、 株式会社丸和の独自の和紙染色技術を生かした優しい色味だ。職人により丹念に染められた繊細な色合いは、ワンランク上の上質な雰囲気を作り出している。

裁断の位置によりブックカバーそれぞれの色合いは異なっており、すべてが一点もの。

また、丸和独自の超撥水和紙を使用し、和紙の本来の風合いを持ちつつも水を弾き、強い耐久性を実現している。



新作の和紙ブックカバーは2020年5月発売の銀座 蔦屋書店限定文具「江戸色インク第4弾、江戸の和菓子色」の3色を使い、丁寧に染色。

「江戸色インク」の柔らかな和の色合いは読書の時間をワンランク上の上質な時間へと導いてくれる。

江戸色インク
https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/13924-1621330416.html

■販売情報
「和紙ブックカバー 江戸の和菓子色」
・カラー:金平糖(ピンク)、扇落雁(グリーン)、小豆粉落雁(イエロー)
・サイズ:文庫サイズ
・素材:表地 和紙、裏地 再生ポリエステル

※銀座 蔦屋書店 ・オンラインショップのみで販売
・先行予約:9月3日(木)よりオンラインストアで受付、一般発売:9月14日(月)
・特設ページ: https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/15651-1151270831.html

■店舗情報



銀座 蔦屋書店
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
HP:https://store.tsite.jp/ginza/

越前和紙の魅力を身近に感じられる「和紙ブックカバー」。価値ある逸品だ。

(haruyama)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ