伊藤健太郎主演で相撲漫画を舞台化する『両国花錦闘士』 デーモン閣下が手掛けた主題歌のリリースが決定

SPICE

2020/9/15 08:00



明治座、東宝、ヴィレッヂというそれぞれ歴史もカラーも異なる三社から、同じ年齢の男性プロデューサー3名が立ち上げた“三銃士企画”第一弾『両国花錦闘士』。公演に先駆けて、デーモン閣下が手掛けた主題歌のリリースが本日、2020年9月15日(火)0時に配信開始された。

本公演の原作は、繊細にして流麗なタッチのイラストと独特なユーモアで多くの熱狂的ファンを持つ漫画家・岡野玲子による異色の相撲漫画「両国花錦闘士」。初舞台化となる本公演を作・演出するのは青木豪。主演は伊藤健太郎、共演に大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、さらに、原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)、入江甚儀、徳永ゆうき、岸本慎太郎(ジャニーズJr.)、根岸葵海(ジャニーズJr.)、大山真志、橘花梨、加藤梨里香、市川しんぺー、福田転球、伊達暁と、若手からベテランまで幅広いジャンルの個性豊かなキャストが顔を揃えた。

歌あり、ダンスあり、笑いあり、相撲ありのエンターテインメント舞台の主題歌となるのは、デーモン閣下、作詞・歌唱による「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」。音源配信開始と同時に音源も解禁となった。何名も歌っているように聴こえる楽曲は、コーラスや合いの手を含めデーモン閣下が全て歌唱し、賑やかで力強いその歌声は聴くだけで相撲が見たくなる斬新な相撲ソングに仕上がっている。男と女、禁欲と享楽、清と濁。相反する感情も入り乱れ、愛と欲望が乱れ咲く物語を歌に込めた主題歌を堪能しよう。
「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」ジャケット写真  (c)2020『両国花錦闘士』
「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」ジャケット写真 (c)2020『両国花錦闘士』

さらに発売を記念して、デーモン閣下サイン入り公演プログラムが当たるダウンロード&ストリーミングサービスキャンペーンの実施も決定している。

デーモン閣下 コメント


相撲が題材の演劇を行うのであれば、その主題歌のオファーが吾輩のもとに来るのは当然だろうと思う。この「Naked Men」は作・演出の青木豪氏からのキーワードに加えて、吾輩が持つ相撲に関する知識から出た言葉も散りばめ、メロディに合わせて詞を書いていった。原作は発行当時に単行本で購入し読んでいたので、きっと舞台も賑やかで楽しく躍動的で、恋愛を絡めた人間関係なども描かれるのだろうと予想できる。しかし相撲の世界で生きることは楽しいだけではなく辛く苦しいこともあって、それに打ち勝たねば土俵の上に残れないのだという勝負師的な観点も決して失いたくはなかった。だから、その両方をバランスよく考慮し歌詞にした次第である。そして実を言うとこれが今まで余り歌ったことのない、簡単に言えばラテンのノリの曲となったために妙にシュールで、吾輩自身にも新鮮な経験となった。舞台同様、この吾輩の歌もぜひ楽しんでもらえればと思うところである。

主演:伊藤健太郎 コメント


作品にマッチした、踊りたくなるような楽曲だと思いました。僕たちも本番で歌う予定があるそうで、みんなで盛り上がりたいです。
デーモン閣下は僕が小さい頃から活躍されている方。作品を通してにはなりますが、共作できるのはとても嬉しいです。
僕にとって舞台は特に音楽がすごく大事で、曲が流れるだけで作品や当時のことを思い出します。
この主題歌はこれから身体に染み込んでいくと思いますし、自分の思い出の曲になっていくと思うと今からとても公演が楽しみです。

本公演は、2020年12月5日(土)~23日(水)東京・明治座、2021年1月5日(火)~13日(水)大阪・新歌舞伎座、1月17日(日)~28日(木)福岡・博多座にて上演される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ