『9月15日はなんの日?』ジャズ・ピアノの巨匠ビル・エヴァンスの命日 没後40年

Billboard JAPAN

2020/9/15 07:00



9月15日は1950~70年代にかけて活躍したジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの命日。

ビル・エヴァンスは1929年8月16日、アメリカ・ニュージャージー州プレインフィールド生まれ。幼い頃からクラシックなどの音楽に親しみ、学生時代にはすでにアマチュア・ミュージシャンとしてバンドでピアノを演奏するようになったエヴァンスは、兵役終了後の1954年にニューヨークへと渡り、本格的に音楽活動をスタートさせ、1956年に初のリーダー作『New Jazz Conceptions』を発表。その後はマイルス・デイヴィスのセッションへの参加を経て、ドラマーのポール・モチアン、ベーシストのスコット・ラファロとビル・エヴァンス・トリオを結成し、インタープレイ(三相交流型)によるドラマチックな演奏でモダン・ジャズの新たな可能性を追求し、ジャズ界の発展に多大な貢献を果たした。

一方で50年代から重度の薬物依存に悩まされ、ジャズ・ピアニストとして絶対的な地位と名声を獲得した後も抜け出すことができなかったエヴァンス。ジャズが新たな広がりをみせた70年代にもメンバー・チェンジを経てトリオでの演奏を続けたが、徐々に健康状態は悪化し、1980年9月15日に肝硬変、出血性潰瘍ならびに気管支肺炎によって51歳という若さでこの世を去った。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ