「自分に似ている彼」と「正反対の彼」付き合うならどっち?




カッコよくて優しい、安定や収入など……。交際相手に求める条件もいろいろあるはず。でも一番大切なのは「相性」ですよね。自分と似た男性のほうが交際がスムーズな人もいれば、逆にイライラしてしまう人もいます。
そこで今回は「自分に似ている彼」と「正反対の彼」、付き合うならどっちがいいか女性陣にリサーチしてみました。

付き合うなら「自分に似ている彼」派

性格が合ったほうが楽しいと思うから

「私がカフェ巡りや買い物が好きなのと対照的に、元カレは運動が好きだったんです。タイプが真逆すぎて、お互い友達と遊びに行くことも多かった。
でも今カレとは性格が合うので、休日デートも充実していますね。私には似た者同士との交際が合っていたみたい」(20代/アパレル)

▽ デートひとつにとっても、好みが合わないと苦痛になりがち。「お互い行きたいところバラバラだし、週末は会うのやめよう」なんてことが増えてしまうかも。彼が何を考えているのかわからず、悩むことも増えそうですしね。

ケンカが少なそうだから

「同棲中の友達カップルは性格が正反対なのですが、分かり合えなくてケンカしていることが多い。たとえば『飲んでばかりの彼にイラっとする』『彼がムダ遣いばかりする』とか……。あれを見ていると、ある程度共通点がある人じゃないと結婚はできないかも……と思ってしまう」(30代/福祉)

▽ 特に金銭感覚や衛生観念が真逆だと、ストレスが溜まりそう。彼の言動ひとつひとつにイライラして、自分でも気持ちのコントロールがつかないかもしれません。最低限の価値観は合わないと、共同生活は厳しいですよね。

付き合うなら「正反対の彼」派

新しいことを吸収できそうだから



「いままで同じ大学や職場など、自分に近い人との交際が多かった。でも全く違うIT系の彼と交際したら、未知の世界を知れて楽しかったんだよね。最近は彼に感化されて、趣味で動画制作にもチャレンジしています」(20代/販売)

▽ 似ている彼には安心感がありますが、刺激は足りないかも。「そんなのも知らないの?」とバカにせず、手取り足取り教えてくれる彼だと、一緒にいるのが楽しいでしょう。彼との出会いがきっかけで、異業種に転職する人もいますしね。

自分と似ていたら何かと大変そうだから

「何かあるとアタフタしがちな私。逆に旦那は動じないタイプなので、『大丈夫だよ』と声をかけてくれる。もし自分と似た人と結婚していたら、大変なことになっていたと思う……」(30代/主婦)

▽ ダメなところが似ていると、マイナス要素が倍になってしまいます。ふたりで協力して乗り越えられればいいのですが、共倒れする可能性も否めません。
裏を返すと、女性側が彼の短所を補っているともいえます。ある意味バランスのとれた関係になれるのかも。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ