加藤浩次、お金で清水あいりに愛人契約を持ちかけたら… 号泣の結末に

しらべぇ

2020/9/15 05:30




タレントの加藤浩次が13日放送の『極楽とんぼのタイムリミット』(ABEMA)に出演。グラビアアイドルの清水あいりに愛人契約を持ちかけるドッキリを仕掛け、泣かせてしまう一幕があった。

■愛人契約を持ちかけたら…


企画の相談という理由をつくり、清水を楽屋に呼んだ加藤。話の流れで「話し相手になってくれたりすんのかな? たまに甘えたりみたいな。清水さんの家に行ったりとか…」と不倫を匂わせると、清水から「加藤さんの立場的に…絶対アウトじゃないですか?」とやんわりと断られてしまう。

加藤はめげずに「甘えたい」とさらにアピールするが、「私、小さいときから加藤さんのことテレビでずっと見てきて、そういう人でいてほしくないなって…」とやはり拒絶。

さらに加藤は「失礼に当たるかもしれないけど、一応用意してきたんだよね。そのお手当というか…」と番組が用意した100万円を清水に渡した。


関連記事:加藤浩次、アンジャ児嶋に放った言葉 「説得力がスゴい」と称賛相次ぐ

■加藤の誘いに号泣


すると清水は「受け取らないです」とはっきりと拒絶し、「お金で私が揺れるというか…。すみません。すごい尊敬してたのに、こんなん…渡されるとすごいショックを受けるじゃないですか」と号泣。加藤を尊敬していることを再度強調して「そういうこと言われるのは、結構…きつい…」と告げる。

これを受け、加藤はドッキリをネタバラシ。安堵したのか、清水はまた泣き始めて「めっちゃ怖い。なんでこんなことするの?」「結構ガチでショック受けてどうしようと思って…。お金出された瞬間、プチンって切れちゃった。加藤さんそんなことする人なの? って」と振り返った。

■愛人がいたことがある人は…


大先輩である加藤からの愛人契約を断った清水だが、世の中にはこのような契約を交わしたことがある人もいるだろう。

そこで、しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名に調査したところ、全体で1割が「愛人がいたことがある」と回答。また、年収別で比較したところ、年収が高い人ほど割合が高くなることも判明している。



■西野未姫にもドッキリ


清水を号泣させるほどの演技力を見せた加藤だが、タレントの西野未姫には、「ディレクターとの喧嘩の末にナイフで刺されたらどうする?」というドッキリも。

流血する加藤を見た西野は、ドッキリだと気付かずに「あぁ~どうしよう!」と号泣していた。

・合わせて読みたい→『スッキリ』アナウンサーのひと言にスタジオ凍る 「本当にびっくりした」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20~60代の男女1365名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ