世界一の超高層ビルで赤ちゃんの性別発表 1千万円超かけた人気YouTuberの行動に批判殺到(UAE)<動画あり>

海外では赤ちゃんの性別を発表するために盛大なパーティーを行う国もある。シリア系カナダ人の人気YouTuberカップルは日本円で1千万円以上を使い、ドバイにある世界一高いビルをライトアップさせて第2子の性別発表を行った。しかし貧困や飢えで苦しむ自国の窮状を顧みない行動に批判が殺到してしまったようだ。『The Sun』『news.com.au』などが伝えている。

登録者数790万人を超えるシリア系カナダ人のYouTuberカップル、アナスさん(Anas)とアサラ・マルワさん(Asala Marwah)は第2子の性別発表を行う計画を立てていた。アサラさんは今回の計画に至った経緯を「私達は家族で思い出を作るために、記憶に残る風変わりなことをしたいと考えていました」と話している。

そして2人は1千万円以上かけてアラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」を借り、ライトアップさせて赤ちゃんの性別を発表することにした。ブルジュ・ハリファは高さ829.8メートル、163階でギネス記録に認定されている。

性別発表当日、ブルジュ・ハリファにはピンクとブルーのライトが使われ、2人のシルエットを浮かび上がらせるなど豪華なライトアップが行われた。そして10秒のカウントダウンが終わると“IT’S A BOY(男の子です)”とブルーのライトとともに大きく表示され、アナスさんとアサラさんカップルだけでなく周りの人々も大きな声をあげて喜んだ。

2人は第1子ミラちゃん(Mila、2)と共に見守った性別発表の瞬間を自身のYouTubeチャンネルに公開しているが、24時間以内に再生回数が1千万回を超え、20万件を上回るコメントが届くほど反響があった。コメント欄には2人を祝福する言葉も見られたが、同時に非難の声が押し寄せてしまったのだ。

現在、中東地域に住む多くの子供や家族たちが難民キャンプで生活しており、貧困や飢えなどにより命を落とすなど深刻な問題に直面している。そんな中東地域の状況を顧みず自分たちのためだけに大金を使ったことに、アナスさんとアサラさんと同じシリア系の人を中心にこのような辛らつなコメントが書き込まれている。

「1千万円以上も使って赤ちゃんの性別を発表するなんて、吐き気がするほど馬鹿げている。恥を知りなさい。」

「それだけのお金を使えるなら、代わりに中東地域に募金してくれればいいのに。」

画像は『NZ Herald 2020年9月10日付「YouTube stars light up Burj Khalifa in $140,000 gender reveal」(Photo / Supplied)』『The Sun 2020年9月11日付「‘SHAMEFUL’ Syrian Influencers slammed for ‘spending £74k’ to reveal baby’s gender on Burj Khalifa as their country starves」(Credit: Anasala Family/YouTube)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ