コロナ禍で会えない両親に「我が子の顔」がプリントされた “どら焼き” を贈ってみた! 反応や如何に…?



いやはや、大変な時代だ。記者の実家は福岡県なのだが、コロナウイルスが気になって帰省もままならない。次はいつ帰ることができるのだろう。両親も歳だし、会えないまま……なんて不吉なことが頭をよぎったりもする。

暗くなってはいかんいかん。こんな時は、なにか両親に贈るなどして楽しい気持ちを共有したい。そんなことを考えていたところ、とてもピッタリな商品を発見。自分の顔写真をプリントできる “どら焼き” があるというのだ。さっそく贈ってみよう~!

・メールでやり取りするだけ
その名も「顔どら焼き」というこちらの商品、上記したように顔写真をどら焼きにプリントしてくれるサービスだ。いいなSTORESという会社が実施しており、まがら洋菓子研究所(ふたば茶亭)の協力を得て生まれたものとのこと。

ネットで注文するとショップからメールが送られてくるので、そちらに顔写真を添付して返信するだけだ。作成前に完成イメージも送って来てくれるので安心だぞ。5個入り(税抜2800円)と10個入り(税抜4000円)とあり、記者は5個入りを注文。

・父の意外な反応
人気のため発送が遅れるかもしれないとの事前連絡があったが、記者の場合は注文から1週間もせずに両親のもとに届いた。「どら焼きが届くから受け取ってね」としか両親には伝えていないが、どんな反応をするだろう。

届いたその日のうちに、開封したという両親。ビックリしたかなあ、とワクワクしつつ「どうだった?」と尋ねると……

母「なかなかイケメンよ。色んな顔があるともっと面白いと思う

めちゃめちゃ冷静な返しだ。もっと驚くかと思っていたのだが、分析までしている。なんだか思ってた反応と違うなあと感じつつ、喜んでいるようなので良しとしよう。「お父さんは何か言ってた?」と聞いてみると……

父「甘みも程良くて美味しい。ヒンヤリしている」

冷凍で届いたのち、解凍して食べる商品だからな。そりゃあヒンヤリしているだろうよ。いやいや、もっとなんかないの? 面白かったとか、ギョッとしたとかあるでしょうよ。そんな記者の気持ちを察したのか、父はこう続けた。

父「動物の顔とかの方がいいなあ」

……なんでだぁぁぁぁぁー! あなたの娘の顔ですよ? 嬉しくなかった?? 意外な返事に、思わず爆笑してしまったことは言うまでもない。両親を喜ばせようと思って贈ったのに、どちらかといえば記者の方が喜ぶ結果となった次第。

まあ、これはこれでアリとしよう。なにはさて置き、久しぶりにLINE越しではあれ両親と明るい会話を交わすことができた。 “顔どら焼き” さまさまである。

そんなこんなの、今回の体験から両親に限らず久しぶりに会いたいあの人に、自分の顔を贈ってみるのは効果的だと感じた。世の中には、色いろなコミュニケーション手段があるものだ。 “顔どら焼き”であれば楽しいだけでなく、美味しいのでオススメだぞ。

参考リンク:いいなSTORES
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ