結木滉星、『危険なビーナス』出演 オリジナルキャラで「原作を超える想いで取り組んでいます」

クランクイン!

2020/9/14 18:10

 俳優の結木滉星が、10月スタートの妻夫木聡主演ドラマ『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)に出演。作家・東野圭吾の同名小説を実写化する同作で、ドラマオリジナルキャラクターを演じる結木は、「原作を超える想いで取り組んでいます」とコメントを寄せている。

本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑むラブサスペンス。TBSの連続ドラマ主演は16年ぶりとなる妻夫木が、主人公の獣医・手島伯朗役を務め、ヒロイン役の吉高由里子が伯朗の異父弟・明人の妻と名乗る謎の美女・矢神楓役を演じる。そのほか、2人を取り巻く重要キャストとして、ディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンが出演。さらに、小日向文世、斉藤由貴、麻生祐未、戸田恵子、坂井真紀、安蘭けいら、豪華実力派キャストが集結する。

そんな本作で、原作にはないオリジナルキャラクターの矢神家の使用人兼執事・君津光役を演じる結木。君津は波恵(戸田)の指示で、裏で楓(吉高)の素性を探っており、常に無表情で本心を見せない青年という役どころとなる。

「僕は昔から東野圭吾さんの作品が大好きなので、こうして携わることが出来て嬉しいです」と語る結木は、「僕が演じる役は原作にはないオリジナルのキャラということもあって原作ファンの方々を裏切らないようにそして原作を超える想いで取り組んでいます。この作品の一部として君津光という役を全うしたい思っています」と意気込みを語る。

そして、「僕の役どころはすごくミステリアスで謎の多い人物なので、この物語の中にどう関わっていくのか楽しみにして頂きたいです。ベテランの方々が多い現場なので1つでも多く吸収していきたいと思っています。日曜劇場『危険なビーナス』是非ご覧ください。よろしくお願いします!」とコメントしている。

日曜劇場『危険なビーナス』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ