『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ってどんなアニメ?ストーリーや魅力をおさらい

Oh!My!アニメ

2020/9/16 12:00

 

2020年9月18日(金)より、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が満を持して公開となります。

なんども延期を経てきた作品なだけに、楽しみにしていたファンは多いですが、一方で、タイトルは知っているけど観たことはない、気になっていたけどどんな話なの?といった人もいるでしょう。

今回はそんな人のために『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が一体どんな作品なのかを徹底解説していきます。すでにご存知の方も、おさらいということでお読みいただけたら幸いです。

 

 

そもそも『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ってなに?

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はもともと、暁佳奈さんによって、2015年に刊行された小説です。戦火の中で“武器”として重宝された少女が、戦後に郵便社で手紙の代筆業を始め、相手の気持ちや言葉を学び、感情が豊かになっていく物語2020年3月には文庫本の最終巻が発売されたばかりです。

この小説を原作として2018年に放送されたのがTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』です。放送前にはロサンゼルスで開催されたAnimeExpo2017での先行放送企画などが実施され、TVアニメは世界同時配信で放送。当初から国際的なスケールで活躍する作品となりました。

 

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじ

 

とある大陸の、とある時代。
大陸を南北に分断する戦争で、孤児の少女が、武器として戦場に駆り出されます。その人間離れした従順さと献身ぶりから、人形とされる彼女でしたが、ただ一人大切に扱ってくれる存在、陸軍少佐のギルベルトが側にいました。唯一彼女を人間として扱う彼は、少女に“ヴァイオレット”という名を与えます。

しかし、激しい戦闘の末、ヴァイオレットとギルベルトは大怪我をしてしまいます。瀕死のギルベルトは、力を振り絞ってヴァイオレットにある言葉を伝えるのですが、戦うことしか知らなかったヴァイオレットには、その意味がわかりませんでした。

気づくとヴァイオレットは病院でした。戦争は終結し、ヴァイオレットはその両腕を失っていました。義手を装着し、退院したヴァイオレットは、ギルベルトの親友であるホッジンズの好意で、郵便社で働くようになります。そこで、ギルベルトの遺した言葉を聞いたヴァイオレットは、言葉を扱う手紙の代筆業に興味を持ち、志願します。

こうして、自動手記人形として働きはじめた彼女は、周囲の人間たちとの交流を重ねて、次第に豊かな感情を育んでいきます。

そして、ギルベルトが遺した言葉ーー『愛してる』ーーの意味を知っていくのでした。

 

 

 

異例の全話号泣モノ!?人気のその秘密は?

 

TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力はいくつもあるんですが、なんといっても推しておきたいのが、そのストーリー

1話完結の物語が多く、ヴァイオレットが依頼人のもとを訪れ、その交流を経て、ヴァイオレットもしくは依頼人が成長したり、発見をしたりする物語なのですが、どれもが感動的な内容になっています。

戦争で両親を失なった兄妹、遠く離れた王への恋文を必要とする王女、娘を亡くした戯曲家などなど、その境遇は様々。いずれも課題や悲しみを抱えているのですが、手紙や言葉といったアイテムをきっかけに、変化をし幸せを見つけていきます。毎エピソード毎エピソード泣かせてくるのだから驚異的。

依頼人が幸せになっていくのも気持ちが良いのですが、手紙を書く側のヴァイオレット自身も依頼をこなしていくごとに、感情が豊かになっていくのが、泣かせます。最初は感情もなかったようなヴァイオレットが、涙を流したり、感情的に訴えかけたりしはじめるだけで、胸を打つものがあります

 

 

圧倒的美術!制作はあの京都アニメーション

 

そして、美術の美しさも忘れてはいけない本作の魅力。

SF作品のような激しい光線や爆撃といったものは出てこないのですが、キャラクターの挙動や美しい風景が見事な美しさで描かれていて、それだけでドラマティックです。

このアニメーションを制作しているのは、何を隠そうあの「京都アニメーション」。『涼宮ハルヒの憂鬱』をはじめ、『響け!ユーフォニアム』『Free!』などのアニメシリーズなどを手がけてきました。原作に合わせたタッチのアニメーションをするのですが、こと写実的な作品となると、そのクオリティの高さに驚かされます。

そんな京都アニメーションは、2019年7月の放火事件で多くのスタッフが犠牲となってしまいました。『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も、本来は2019年9月の公開を予定していたのですが、事件もあり公開の延期が決定。その後も新型コロナウイルスの影響によりさらなる延期を強いられたりと、苦難を乗り越えての公開となり、この時を待っていたファンの喜びもひとしおです。

 

 

シリーズ全作をおさらい!

 

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の公開を目前に、これまでに制作されたアニメシリーズを紹介していきます。TVアニメシリーズだけではないので、実は知らなかったというエピソードもあるかもしれませんよ。

 

 

TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

 

 

2018年1月より放送されたTVアニメシリーズ。戦場での戦いを経たヴァイオレットが、手紙の代筆業を始める物語が全13話で描かれます。

基本的には1話完結型になっているのですが、ヴァイオレットの境遇やギルベルトの生死を巡るエピソードなどは、1話に止まらずエピソードを跨いで描かれたりと、連作ならではの続きが気になる展開も用意されています。

オープニングテーマにはTRUEの『Sincerely』、エンディングテーマには茅原実里さんの『みちしるべ』が起用されていました。どちらも作品の雰囲気にもあった沁みる曲となっています。

 

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ExtraEpisode

 

 

アニメシリーズには『Extra Episode』という番外編が作られています。TV放送はされる、第4話の後のエピソードがDVDの特典として収録されました。人気オペラ歌手のイルマ・フェリーチェに恋文の執筆を依頼されたヴァイオレットでしたが、執筆した恋文はなかなか納得してもらえず難航します。しかし実はその恋文は新作オペラの歌詞であったことが発覚してーーといった物語です。

物語としては時系列の中に収まる作品なのですが、通常よりも長めの内容であったり、VOD配信などの際も独立したプログラムになっていたりするので、見逃し注意です。

 

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』

 

 

2019年9月に限定上映された外伝版も。良家の子女であるイザベラの教育係としてヴァイオレットが配属されるエピソードと、そんなイザベラとも関係のある身寄りのない少女テイラーが郵便局を訪れるエピソードの2篇で構成された長編作です。

本作はイギリスや中国などでも劇場上映されるなど、もはや劇場版の装いとなる作品となりました。

本作は、これから公開されるというタイミングで、京都アニメーションの放火事件があったということもあり、上映の延期が心配されていた作品。本来エンドクレジットに載るのは1年以上の経験があるスタッフのみとされるそうですが、田春春香監督の意向により、事件の犠牲者や負傷者を含む全員の名前が、本作ではクレジットされました。

 

 

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の注目ポイントは?

 

番外編、外伝を経て、ついに公開となる『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。本作では、TVアニメシリーズ以降の物語が描かれます。

制作を務めるのは、TVアニメシリーズと同様、石立太一監督と脚本の吉田玲子コンビ。石立太一監督は本作の他にも『境界の彼方』という同じく京都アニメーション作品で監督を務めています。脚本の吉田玲子さんは、TVアニメのシリーズ構成も務めている方で、『リズと青い鳥』『若おかみは小学生!』など近年多くの長編アニメの脚本も務めており、直近では、実写映画『のぼる小寺さん』でも脚本に参加しています。

 

 

TVアニメシリーズではギルベルト少佐がほぼ確実に帰らない人だろうという事実を知り、受け入れたであろうヴァイオレットでしたが、映画ではよりギルベルトへの想いへ向き合う姿が描かれるようです。大きく物語の大筋に関わる内容であることは間違いないようで、シリーズを追ってきた人は必見の作品。それでいて、予告編から分かるようにそのクオリティの高さもひしひしと伝わってくるからこそ、ファンでなくても見逃すのはもったいないであろう映画に仕上がっていそうです。

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という作品に対する距離感は人それぞれだと思いますが、ぜひこの劇場版を機に、その距離感をグッと縮める人が増えてくれたらうれしいです。観て損はない名作なので、ここにオススメさせていただきます。

WRITER

  • ネジムラ89
  •        

  • 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナー兼アニメ映画ライター。アニメ映画情報マガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」をnoteにて配信中。その他いろんなとこでアニメ映画話を執筆中。古今東西関係なくアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるようにやっていきます。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ