ちょっぴり後悔…。「別れる必要なかったな」と思う破局の理由




きちんと話し合っての破局もありますが、彼との別れって案外突然だったりするもの。若さゆえに彼が受け入れられず、突発的にイライラすることもあったでしょう。でもよくよく考えると「別れるほどじゃなかったな」と思うどころか、彼の存在の大きさに気づくこともあります。
今回は、そんな「ちょっぴり後悔した別れ」について女性陣にリサーチしてみました。

歯に○○がついていた

「彼の歯に青のりがついていて幻滅してしまったこと。でもいま同棲している彼なんて青のりどころか平気でオナラするし。こんな小さなことで元カレと別れる必要なかったかも」(20代/一般事務)

▽ 男性に幻想を抱きすぎていたのか、何かあるとすぐに冷めていた時期も……。でも青のりなんて歯磨きすれば取れるし、なんなら「青のりついているよ~!」と教えてあげればよかったかも。いまになって「彼、いい人だったのにな……」とちょっとだけ後悔するようです。

占いの相性が悪い

「昔の私は占いにハマっていて、相性の悪さから別れた男性が3人います。あるとき運勢的にいい感じの彼と巡り合えたものの、結局浮気されて1年で破局。あまり占いを鵜呑みにしすぎたらダメだと思った瞬間でした」(30代/接客)

▽ 時には背中を押してくれる占いですが、頼りすぎもよくないですよね。自分で決断をしないと心残りも増えそうです。

自分より家事能力が高い

「元カレは家事能力が高い人で、一緒にいるとプレッシャーを感じてしまった。結局『私とは釣り合わないんじゃないか』って別れちゃったんですよね。家事が好きな彼だったので、結婚してもいろいろやってくれたと思う。いまは何もしない旦那にイライラする日々を過ごしています……」(30代/主婦)

▽ 家事が完璧すぎる彼といると「私、必要ないのでは……」と思いがち。でも結婚したら、楽しんで家事をしてくれる旦那に助かる場面が増えそうですよね。

オシャレじゃない



「元カレはオシャレに無頓着で正直ダサかったんだよね。優しい人だし私がコーディネートすれば素直に着てくれたと思うんだけど、当時は遠慮しちゃってできなかった。一緒に歩くのが恥ずかしくて、結局別れてしまいました」(30代/広告)

▽ オシャレに無頓着なだけなら、いくらでも改善のしようがあったはず。でも当時は若さゆえに見た目を重視する傾向に。大人になったからこそ「もっと内面を見るべきだった」と後悔と反省が芽生えます。

食の好みが合わない

「目玉焼きは醤油orソース、卵焼きは甘いorしょっぱいなど、食の好みの違いで大ゲンカになって別れました。でも彼のこと結構好きだったんですよね。くだらないとまでは言わないけれど、もう少し歩みよればよかった」(20代/アパレル)

▽ 食の好みって難しいですよね。別れを後悔する反面、一生懸命作った料理に調味料をドバドバかけられたらイラっとしそうですし……。「普段は醤油だけどソースで食べてみるね」など、楽しんで価値観の違いを受け入れられたらいいんですけどね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ