「人との距離感って難しい…」 人付き合いを良好に保つために意識したいこと

fumumu

会話する女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
人間関係に大切な、適度な距離感。近すぎず、遠すぎずが大切だと言うけれど、バランスを把握することも簡単ではありませんよね。

どうすれば、人との距離感を意識することができるのでしょうか? fumumu取材班が、人付き合いで忘れたくないポイントを聞いてきました。

(1)無理に聞き出さない


「こちらに興味を持ってくれることはうれしいけど、あまり質問攻めにされてしまうと、逆に距離を取りたくなってしまいます。親しくなってから話したいことも、たくさんあると思うんですよね。


相手がフラットになんでも話してくれるのは、別に問題ないんですけど…。こちらにもオープンにすることを求められるのは、困ってしまいます。


たまに、適当に流した話題を、無理に聞き出そうとする人もいますよね。相手が話したくなさそうなのに、自分の好奇心で詰め寄るのはやめたほうがいいんじゃないかと思います」(20代・女性)


関連記事:「大切な人」ちゃんと大切にしてますか? 関係を続けていくために忘れたくないこと

(2)相手に執着しない


「相手と仲よくなりたい気持ちがあっても、あまり執着しないことが大切だと思います。相手にもタイミングがありますから、こちらの都合を押し付けるのもよくないし。


親しくなりたい気持ちから、相手に固執してしまう人もいますけど…。そういう人って、こちらが同じくらいの気持ちを返さないと、機嫌が悪くなったりするじゃないですか。


ギスギスした関係にならないためにも、お互いに相手の時間を尊重することが必要なんじゃないでしょうか」(20代・女性)

(3)曖昧な関係でもOK


「好きなのか、嫌いなのか、どちらでもない曖昧な気持ちを許すことを忘れたくないと思っています。昔は、好きか嫌いかの二択だったんです。


この人は好き、この人は嫌いと区別して、好きじゃない人に対しては態度が冷たくなっていました。親しくなれる人がいたかもしれないのに、本当に幼稚なことをしていたと思います。


『すごく親しいわけではないけどなんとなく好き』とか、『頻繁には会わないけど特定のイベントだけはこの人と行く』とか。そういう、少し距離のある関係も大切にしたほうがいいんだろうなと、最近は思うようになりました。


関係性をゆるく考えることで、気持ちに余裕もできて、相手とのコミュニケーションをリラックスして楽しむことができるんです」(20代・女性)

「この人と親しくなりたい!」という気持ちはとてもいいものですが、それを相手に押し付けてしまうと、せっかくの親しくなるチャンスを棒に振ってしまうかもしれません。

相手の秘密を無理に暴こうとせずに、話してくれるタイミングを待てる関係でありたいですね。

・合わせて読みたい→「この人と仲よくなりたいな」と思ったら 相手との距離が縮まる会話術

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ