ドラマ『おじカワ』“BL”展開に興奮! 今井翼と眞島秀和の絡みに「付き合おう!」

まいじつ

2020/9/14 17:31


(C)Yellowj / Shutterstock 

9月10日深夜、俳優の眞島秀和が主演を務めるドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(日本テレビ系)の第5話・最終回が放送された。眞島と今井翼の〝BL〟展開に、視聴者からは「お前ら付き合えよw」「トレンディドラマみたい」などとツッコミを入れる声が続出している。

同ドラマの原作は、WEBコミックサイト『COMICポラリス』で連載中のツトムによる同名漫画。黄色い犬のキャラクター「パグ太郎」のことが大好きな小路三貴(眞島)は、仕事も容姿も完璧な〝イケオジ〟。誰にも自身の趣向を知られまいと生きてきたが、43歳にして初めてのオタク友達・ケンタ(今井)と出会い、価値観が変わっていく…という癒しの〝おじカワ〟コメディーだ。

第4話では、ケンタが学生時代の友人の前で「俺が、かわいいもの好きだとかありえないでしょ」とウソをついた現場を、たまたま小路に目撃され、その気まずさから一方的に小路と距離を置いてしまう。

「ラブストーリーは突然に」を流せば完全に月9


しかしながら、最終回では、小路の甥・真純(藤原大祐)の後押しもあって、2人は無事に仲直り。セミがせわしく鳴く真っ昼間の公園で、「小路さんに嫌われたくない」と愛の重さを自己嫌悪するケンタに対し、小路はケンタの両肩に手を置き「嫌いになったりしない!」「俺はケンタくんが好きだから!」とまっすぐな目で告白。

続けて、「ずっと1人の世界にいた俺に、ケンタくんは誰かと一緒に〝好き〟を楽しむことを教えてくれた」と、ケンタの存在に感謝していることを伝えると、ケンタは涙を拭って「俺も小路さんが好きです」と答え、2人は笑い合って熱い握手をかわすのだった。

「これまで、パグ太郎を好きなことはおろか自身の感情まで、あまり人に伝えるということをしてこなかった小路。最終回では、これまでで最も感情的に、そして素直に気持ちを伝えています。作品的に〝オタク友達〟との友情を描いているに過ぎないのですが、その攻めたセリフには、思わず〝恋愛関係か!〟とツッコミを入れざるを得ません」(芸能ライター)

実際に視聴者からも、

《会話の内容が完全に友達以上》
《ここで「ラブストーリーは突然に」を流せば、完全に月9》
《もうなんか最後キスして幸せに暮らしましたってオチでも驚かない展開w》
《ガチBLじゃないからこそときめくと言うか。性が絡まないからこそ深いというか》
《もう付き合おうよ!笑》
《こっから見たら完全にラブストーリーw》

などとツッコミを入れる声が続出している。

小路はバツイチ独身、またケンタも恋人がいる描写は一切なかった。あとのことは〝ご想像にお任せします〟ということなのだろうか…。

【画像】

Yellowj / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ