安心しちゃだめ? 信じてはいけない男子のセリフ4つ




気になる男子や彼氏からドキッとするセリフを言われたら、「私のこと大事にしてくれているんだな」とうれしくなりますよね。でもそれは口先だけで、本心は違うこともあります。もしかしたら都合よく利用されている可能性もあるでしょう。
そこで今回は「信じてはいけない男子のセリフ」についてご紹介します。

・浮気後の「大好き、愛している」



「俺の友達はしょっちゅう浮気している。『そんなじゃ彼女に愛想尽かされない?』と聞いたら、『バレても愛しているのはお前だけだよって言えば許される!』と言っていて、コイツ本当にダメだなって思いました」(20代/男性/広告)

▽ 彼氏から「大好き」「愛している」と言われたらうれしいですよね。でも実際は浮気を取り繕うために、これらを乱用する男性もいます。もし浮気直後に反省どころか、甘いセリフばかり言ってくるようなら騙されちゃダメ! 彼は内心あなたのことを「チョロいな」と思っているのかも。

・頼みごとの「◯◯にしか言えないんだ」

「気になる彼から『実は知り合いの借金を肩代わりしていて。こんなこと○○(私)にしか言えないんだけど……』と言われ、数十万貸したことがある。でも実は全部ウソで、ほかの女性にも同じようにお金を出させていたらしい。もちろん貸したお金は返ってきていません……」(20代/女性/一般事務)

▽ 自分を頼ってくれているようで、「彼を助けてあげなきゃ!」と思うこの言葉。でもよほど親しい間柄ならまだしも、最近知り合ったばかりなのに「○○にしか言えない」と頼みごとをしてくるのって、冷静に考えておかしいかも? むしろ本当にあなたを大切に思っていたら、無茶なお願いはしてきませんよ。

・自ら「軽そうに見えるけど、信じて」



「別にこっちは何も言っていないのに、『俺、軽そうに見えるけれど軽くないから』『信じていいよ』とか言ってくる人。若い頃は『そうなんだね!』と騙されていたけれど、本当に誠実だったらわざわざ『信じて』なんて言う必要ないよね。やり方が詐欺師っぽい……」(30代/女性/IT)

▽ 「俺はチャラくない」と言えば、ほかの女子と遊ぼうと、LINEの返信が遅くなろうとごまかせると思っているのかも。彼の言葉を信じるのではなく、行動を見るべきでしょう。

・「彼女とうまくいっていない」

「気になる男性から『彼女はいるけれど、最近うまくいっていないんだ』と言われていた。それでたまに会っていたのですが、突然音信不通に。疑問に思って彼のSNSを調べたら、最近結婚したことが判明しました。怒りというより、ずっと騙されていたショックのほうが大きかったですね」(20代/女性/飲食)

▽ 本当に彼女とうまくいっていなかったら別れるはず。そのためこのセリフを言う男性は、あなたをキープしつつ、彼女とも良好な関係を築いている可能性が高いです。あなたが傷付くだけなので、彼とは関わらないほうがいいですよ。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ