就活はリアル、オンラインともに必要の調査結果、自分の印象や理解が違うの声


学情は9月14日、「インターンシップの実施形式」に関する調査を発表した。調査は8月28日~9月7日、「あさがくナビ2022(通年採用対応ジョブ型 インターンシップサイト)」にアクセスした1,088人を対象にインターネットで行われた。

調査結果は以下の通り。まず「企業に直接訪問するインターンシップと、オンラインのインターンシップのどちらを希望しますか」と聞くと、「企業に直接訪問するものとオンライン両方」(30.1%)、「企業に直接訪問するインターンシップ」(29.6%)、「どちらかと言うと企業に直接訪問するインターンシップ」(24.1%)、「どちらかと言うとオンラインのインターンシップ」(9.9%)、「オンラインのインターンシップ」(4.8%)、「インターンシップの参加は希望しない」(1.5%)という結果に。

また、企業に直接訪問するインターンシップに参加したい学生からは、「直接訪問のほうが、企業の雰囲気をつかみやすい」「オンラインだけでは分からない、企業や社員の雰囲気を知りたい」「直接、社員の方と話したい」「インターンシップに参加する学生(同じ業界に興味を持っている学生)とも情報交換をしたい」「直接のほうがより企業を理解でき、人事の印象にも残りやすいと思う」「対面のほうが、グループディスカッションなども参加しやすい」などの声が寄せられた。

そして、「今後、オンラインで実施するインターンシップがあれば参加したいですか」と尋ねると、今回の調査では「はい」(90.4%)、「いいえ」(9.6%)となり、本年6月の調査時の「はい」(83.4%)、「いいえ」(16.6%)と比較すると、オンラインで実施するインターンシップも活用したいと考える学生が増加していることが分かった。

オンラインで実施するインターンシップも活用したい、という学生からは、「新型コロナウイルスへの感染リスクなく参加できるから」「多数の企業のインターンシップに参加できるので、志望業界や企業を決めるまでの情報収集に適している」「遠方の企業でも参加しやすい」「オンラインでの就活(Web面接など)が増えているので、今から慣れておきたい」「入社後にテレワークをすることもあると思うので、インターンシップでもオンライン参加を経験しておきたい」というコメントがあった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ