タイ国際航空の事業再生申立を認可 タイ中央破産裁判所

Traicy

2020/9/14 15:35

タイ国際航空タイの中央破産裁判所は、タイ国際航空の事業再生申し立ての最終審理を9月14日に開き、認める決定を下した。

指名プランナーとして5名と2社を選任した。プランナーは事業再生計画書を第4四半期にも裁判所に提出し、2021年はじめに再生計画を検討するための債権者会議を開催する。

タイ国際航空では、直接航空券を購入し、払い戻し申請を済ませた利用者に対しては、権利保全に最善を尽くす意向を明らかにしている。また、タイ国際航空とタイ・スマイルでは、航空券の有効期限を2021年12月31日まで延長しているほか、2022年12月31日まで有効のトラベルバウチャーへの交換も受け付けている。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ