紀ノ国屋「黒わらび餅」は量も味も抜群! パッケージには意外な使い方も

fumumu

2020/9/14 15:00


紀ノ国屋黒わらび餅高級スーパーチェーン・紀ノ国屋で、思わず手に取りたくなっちゃうパッケージの和菓子を発見! fumumu編集部でチェックしてみました。

画像をもっと見る

■パッケージが本格的


今回、思わず手に取ったのは、三源庵の「黒糖わらび餅」(540円・税込)。竹仕様の上蓋が目立ち、特別感がありますね!

紀ノ国屋黒わらび餅

箱も和風なデザインすみずみまで凝っています。

紀ノ国屋黒わらび餅

食べる前から、お弁当を開けるようなワクワク感があります!


関連記事:ファミマ新作 もちトロ白玉ときな粉ぜんざいが至福すぎる!

■大容量でぷるんぷるん


開封してみると、中には270gとたっぷりのわらび餅と、きな粉、プラスチックのフォークが入っています。このまま食べられるのが嬉しい…!

紀ノ国屋黒わらび餅

わらび餅の上蓋シートは、なかなか取れないのでカッターなどを用意するとスムーズ。隅までわらび餅が敷き詰められているので、飛び出ないようにご注意ください。

紀ノ国屋黒わらび餅

わらび餅は想像以上のプルプル感! くずれないのに、こぼれ落ちそうなほどの弾力です。

まずは素の状態でひとくち食べてみると、とてもバランスのいい絶妙な甘さ。甘すぎないやわらかな味わいが口の中に広がりますが、弾力があるので食べ応えも抜群です!

■きな粉との相性抜群


フォークで簡単に切り分けて、お皿に全て移してみました。

紀ノ国屋黒わらび餅

きな粉の量もかなりたっぷりなので、お好きな分量で調整できそうなのが嬉しいところ!



きな粉が加わると、甘みに香ばしさが追加され、さらに奥深い風味になります。また食感にもザラっとした感覚が加わり、満腹感も。思いっきり和菓子を食べたいときにピッタリです!

■和風タイムにぴったり


味も量も最高のこちらの商品、なんとパッケージもさらなる使い方ができることが判明しました。

紀ノ国屋黒わらび餅

最初にご紹介した、この竹のシート。貧乏性の筆者は捨てることができず何か使えそうだと考えを巡らせたところ…。

紀ノ国屋黒わらび餅

ひらめいたのが、コースター! 敷くだけで和風感が増すので、わらび餅と一緒に置くと、雰囲気が最高です。

お手軽に和風スイーツの時間を味わえる紀ノ国屋の黒わらび餅。ぜひ秋の涼しげな夜に食べてみてくださいね!

・合わせて読みたい→おもちがドゥルルゥン! 新発売の「わらび餅ドリンク」が本気出してきた件

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ