整形番組は時代遅れ? 過剰な演出に視聴者困惑「ダイエットのほうが…」

fumumu

2020/9/14 11:00

整形(YakobchukOlena/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
13日に放送された『ビューティーゴッドハンド』(フジテレビ系)にて、アイドルのようになりたいと整形に挑んだ女性が話題となっています。

■韓流アイドルのようになりたい


この日、憧れの韓流アイドルのようになりたいと願ったのは22歳の女性・花田さん。

システムエンジニアとして働く彼女は、以前から「きれいな顔になりたい」と思っていたそうですが、現在アプリで出会った韓国人の彼氏と同棲中の彼女は、ゆくゆくは韓国に住みたいため、綺麗になりたい、と経緯が語られます。

とはいえ、好きな食べ物はピザや牛丼とジャンクフードばかり。この日もマクドナルドを食す姿が撮影されていました。


関連記事:人気YouTuberおるたな・ないとー、目元の整形を報告 相方の反応が素敵すぎる

■約500万円の手術


今回、花田さんが希望した施術は主に脂肪吸引。

フェイスラインのお肉を取り、頬の脂肪も減らしてほしいというリクエストに対し、当医は二重の切開手術、鼻先の微調整、バッカルファット除去などを1時間に渡るカウンセリングで提案します。

結果、彼女は総額498万3000円の大手術を行うこととなりました。

■整形後の姿にスタジオからは歓声があがるも…


手術後、ダウンタイムを経てスタジオに現れた花田さんは、医師が説明した通り韓流アイドル風ドーリーフェイスに。一重はくっきり二重になり、ぽっちゃりとした印象からシャープなイメージに生まれ変わりました。

本人は「鏡見るのが好きになりました」と嬉しそうな表情を見せています。

ゲスト出演していたモデルのゆきぽよさんも「かわいくなりたきゃ深堀先生のとこ行けばよくない?」と驚きの声をあげていました。

■視聴者からは疑問が続出


しかし、放送前後のツイッターからは困惑の声が殺到。

「脂肪吸引をする前にマックをやめたらいいのでは…」「こんなにお金払うぐらいならダイエットしたほうが絶対いい」など、とにかく美容クリニックで多くの整形を勧める展開に疑問を持った視聴者が多数見受けられました。

また、番組が醸し出す「顔面至上主義」「綺麗でなければならない」という価値観に「整形するのは個人の自由だけどテレビで顔面至上主義なのやっちゃうのはヤバい」「余計なお世話かもだけど色々思うところあり過ぎ」といった声も集まっています。

綺麗になりたいと思う気持ちは個人の自由ですが、脅迫概念を植え付けるような演出は既に時代遅れなのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→マツコ「才能あるかも…」 現役アイドルの“セルフ整形”にドン引き超え感心

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ