ヒプマイに出演の葉山翔太が初主演 舞台『ヘリオガバルスの薔薇』の上演が決定

SPICE



2020年11月20日(金)~11月22日(日) ザムザ阿佐ヶ谷において、舞台『ヘリオガバルスの薔薇』が上演される。

作・演出は田中円が手掛け、主演は『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の波羅夷空却役や、TVアニメ『美男高校地球防衛HAPPYKISS!』の道後一六役、2019年特撮『ウルトラマンタイガ』のウルトラマンフーマ役など幅広く活躍する葉山翔太が努める。

葉山は初主演作となり、最大の見せ場であるローマ史上最凶最悪の美少年皇帝をドラァグクィーンとして演じる。これまでの役柄とは違った新しい葉山を発見できるかもしれない。
あらすじ

それはローマ帝国史上、最凶最悪の皇帝にして、最年少の美少年皇帝。
自らを太陽神ヘリオガバルスの化身として崇めさせ、誰も被ることのなかった黄金の冠を被った。
異常性欲を持ち、不倫の妻を、処女の巫女をめとりながら、女装をし、奴隷男の妻となった。
娼婦に変装し客を引いては、宮殿を自分の体を売る売春宿とした。
彼は究極の快楽を求めた。
それは饗宴の席で、客の上に何トンもの薔薇の花びらを降らせ、窒息する姿を楽しむというもの__。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ