テレ東女性アナに誹謗中傷…「盗聴被害」軽視され「女のドロドロ」扱い

wezzy


 テレビ東京の女性アナウンサー同士の会話を盗聴したと思われる音声データが、波紋を広げている。

発端は「女子アナの罰」というツイッターアカウントが、テレビ東京の女性アナウンサーの会話を盗聴したと思われる音声データを次から次へと公開したこと。音声データで2人の女性アナウンサーは、テレビ東京の番組やスタッフ、アナウンサーについて言及。仕事に関する愚痴や、スタッフやアナウンサーを揶揄するような内容もあった。

件のアカウントは「テレビ○○の若手女性アナウンサーMとIの本性とは・・・」と意味深なプロフィールを設定しており、すでに複数のメディアが声の主と見られる女性アナウンサー2人を特定して報じている。

小学館のネットニュースサイト「NEWSポストセブン」では、この騒動を受けてテレビ東京社内は混乱していると、テレ東社員が匿名で語っている。流出した音声データにスタッフやアナウンサーへの批判的な内容が含まれていたことから、声の主だとされている女性アナウンサー2人に対して憤っているスタッフもいると明かし、盗聴が疑われる場所について「アナウンサーの部署内にある一室で、アナが収録前に練習する“発声室”と呼ばれる部屋」「基本アナウンサーしか入らない場所」とも証言。

「NEWSポストセブン」はテレビ東京に対して、ツイッターに音声データの削除要請をしたのか、社内の盗聴だと考えられる場合は調査をするのかといった質問をしたが、テレビ東京の広報は「こちらからお答えすることは特にございません」と回答しているという。

Wezzyでも9月4日の時点でテレビ東京側に同様の問い合わせをしたが、回答は全く同じものだった。

鷲見玲奈アナの告発と関連させ誹謗中傷も
 今回、流出した音声データでは、女性アナウンサー2人が先輩アナウンサーに対して「○○さんはおっぱいだし」、特定のスタッフについて「めっちゃ毛深いし、超怖かった。途中からサルに見えてきた」「超汚い人」などと発言し、「私は結婚して適当な事務所入って土日だけ働くつもり。そのためにテレ東で実績を作ろうと思ってやってるから」と赤裸々な話をしている。だが、その部分ばかりがクローズアップされ、“女子アナの裏の顔がひどい”などといった取り上げた方をするのは違うだろう。

まず第一に問題視すべきは、社内で盗聴された可能性があるということ、そして悪意を持ってネットに流した第三者がいるということだ。女性アナウンサーたちはプライベートな会話を勝手に録音され、広められた被害者である。

テレビ東京では、今年3月に退社してフリーになった鷲見玲奈アナウンサーが、6月に自身のツイッターで「色々あった後輩」が「鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってた」などとつづり、局内での複雑な人間関係を暴露して話題になったこともあった(現在は削除済み)。

アナウンス室に複雑な人間模様があることは確かなのかもしれないが、今回の音声データ流出騒動で「M」と「I」とされている女性アナウンサーたちを「鷲見アナと色々あった後輩だろう」と決めつけた誹謗中傷もネットでは飛びかっている。

女性アナウンサーの犯罪行為が露見したわけではなく、むしろ犯罪被害の可能性があるにもかかわらず、彼女たちがプライバシー侵害された上に叩かれるのは、道理にあっているだろうか。これは「女同士のドロドロ」を楽しむようなエンタメコンテンツではなく、れっきとした事件だろう。テレ東側の調査と正式な見解発表が待たれる。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ