大事にされていると束縛はどこからが境界線?男性心理はこれだった!

ハウコレ

2020/9/14 09:00



彼に大事にされていると感じるのと、束縛をされていると感じるのは実は紙一重のようです。彼からしたら、彼女を大事に思うために発した言葉であっても、彼女からしたら束縛と感じます。

では、境界線はどこなのか?今回はお話していきます。

■心配で電話が来る
どこにいるの?心配で電話が来るこの行為は、束縛でになるのかということですが、束縛ではなくただの心配です。あまりに帰りが遅く、どこにいるのか大丈夫なのか心配で連絡しているだけなのです。

心配される事が嫌だという方は、初めに遅くなるよと伝えて具体的な時間を話しておけば、なにか問題になることはないです。

■送り迎えにくる
送り迎えしてくれる彼は、大事にしてくれている彼といえます。大丈夫かな?と不安に感じ、何かあってはいけないと思っているだけであり、束縛ではありませんし、周りからも羨ましがられる自慢の彼氏と言えます。

送り迎えという行為は、男性にとって本来手間のある作業といえますが、それを率先して対応してくれるのは彼の優しさの何でもないのです。日頃からありがとうと感謝をつたえてあげると彼は今以上大切にしてくれるはずです。

■出かける事を制限する
誰かと出かける予定があるのにそれを阻止する行為は、自由がなく束縛していると言えます。しかし、出かける場所があまりに危険な場所であったりいくことにより、彼女の身に不安が起きる場所については仕方ないようです。

束縛という言葉で一括りすると、束縛次第が悪いかのように思えますが、ときに束縛は彼女を思うばかりにしてしまう行動であり、多少は彼女も不安だから束縛してしまうのだと理解する事がお互いに円満になる方法です。

■いうことを聞かないと怒る
俺がこうしてと伝えたのにと、自分の思い通りにならないと怒る彼は、束縛でもなく大事にしているわけでもなく、ただの自己中さんです。自分の思い通りにならないだけで、不安になる子供と同じ感覚なのです。

些細なことで彼女も怒られては、一緒にいることを考えるほど不安にかられてしまいますし、今後の付き合いを考えることになりかねないです。

■まとめ
一人一人大事にする気持ちはありますが、もちろん愛の形も人それぞれです。どうしても自分の気持ちを伝えたくて、束縛という形になってしまうといったことになります。

彼と上手く付き合うために、女性自身が上手にコントロールすることで幸せな付き合いができます。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ