結婚報告を祝えないヤバ女エピソード

yummy!

2020/9/14 07:30


結婚報告を祝えないヤバ女エピソード

皆さんは知り合いの結婚報告を素直に祝うことはできますか? 実は、結婚報告を祝うことができない人って増えているんです。
とくに30歳を超えてまだ自分に浮いた話がないままだと、ますます他人の結婚を祝えなくなってしまいます。
今回はそんな悲しい「結婚報告を祝えないヤバ女エピソード」を紹介していきます。

目次

職場での結婚報告で……


「私の先輩は、同じ会社の部長と数年前からお付き合いをしていた。それは古くから会社にいる人たちには公認でしたが、後からは入ってきた新入社員の人たちは知らないことでした。
昨年くらいに入ってきた新入社員の女性が、どう考えても部長のことが好きなような感じでアピールしていたんです。
部長は相手にしていなかったのですが、先輩からしたら面白いことではなかったようで、会社に部長との結婚報告をして、その新入社員の女性にも報告したんです。
接点もほぼないですし、お祝いしてくれると思いきや、その女性は突然泣き出して……『私の部長さんをとらえた』と言ってきたんです。先輩は困惑していましたが、私もすごく困惑しました」(27歳/女性)
▽アイドルのファンにあるあるな感じのヤバイ女エピソードでした。好きな人が結婚してしまったら誰でも悲しいですよね。
でも、本当に相手のことを思うのであれば相手の幸せを願えること、相手の幸せをお祝いできるのが本当の愛だと思います。

友達が嫉妬して……


「私と友達は、若いころ遊びまくっていたということもあり、ろくな仕事に就けなかったので、お金持ちの男と結婚したいという夢がありました。一緒に婚活を頑張ったり、お医者さまがくるという合コンに参加したりしていました。そして、ようやく私にはお金持ちの彼氏ができて、順調に結婚までこぎつけました。
最初に彼と付き合うときは、応援してくれたり、喜んでいてくれたりしましたが、後々になり『ぬけがけ』『裏切者』などと、言ってきたこともあり、疎遠になっていました。
ある日、彼との結婚が正式に決まったので、友達に会って報告したところ……いきなり頭から水をかけられました。驚いて頭が真っ白になりました。友達は、そのままカフェを出ていき、音信不通になりました」(33歳/女性)
▽水をかけた友達も、相手の幸せを祝えないほど切羽つまっていたのかもしれません。
相手の幸せを祝うには、自分もそれなりに幸せでないと精神的にもキツイですからね。
また、女性は友達であろうと自分より幸せそうな人を許せないと思ってしまう人が多いようです。
女性は、裏表の顔を使い分けることができる器用さがある分、男性よりも怖いですよね。

おわりに


いかがでしたか?結婚報告を祝えないヤバ女エピソードについて紹介しました。どちらも、ドラマみたいな展開で驚いたエピソードでしたよね。
基本的に人間は、自分に余裕がないときや、自分が幸せだと思えないとき、人の幸せなんて祝うことはできません。
なので、他人の結婚を祝うことができるのは、今自分が相手と同じくらい幸せであるということです。
(澪/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ